ドクター・キッド

〜小児科医が解説する子供の健康・病気と単なる雑記のブログ〜

解熱薬について、外来でよくされる質問にお答えします

【スポンサーリンク】


f:id:Dr-KID:20180312090850p:plain

外来で解熱薬の使い方や、患者さんが素朴に抱える疑問を質問されることは非常によくあります。

今回は、外来でよくされる質問に対してお答えしようと思います。

解熱薬を飲ませると早く治りますか?治りが遅くなりますか?

小児の発熱の多くは感染症により起こります。

ウイルスなど病原体と戦うなかで、熱が発生するために発熱します。

f:id:Dr-KID:20170802071709p:plain

▪️ 解熱薬は病気の根本を治すわけではありません

解熱薬は感染源となるウイルスや細菌を壊す能力はありません。

ですので、解熱薬を使用しても、基本的には感染症が早く治ったり、治りが遅れたりするとは考えていません。

熱が出るたびに、解熱薬を使ったほうがよいですか?

まずは解熱薬の投与目的について説明しましょう。

▪️ 解熱薬は、熱を下げるためでなく、不快感をとるのが目的です

『解熱薬』という名前から、どうしても『熱を下げる』ことを連想してしまいますが、解熱薬を使用する真の目的は、熱をさげることにありません。

解熱薬はあくまで、『熱による不快感をとるために使用する』のがよいでしょう。

逆にいうと、発熱していても、お子さんが元気にしていれば、無理に飲ませる必要はありません。

▪️ 解熱薬を使用する具体例

例えば、発熱のせいで:

  • 寝苦しくて眠れない
  • 体がだるく、日中もぐったりしている
  • 食欲がなく、食事をとりづらい

などがあれば、使用されてよいでしょう。

解熱薬を使用すると、一時的ですが、体の辛さは軽快します。

この軽快した時間を使って、水分をしっかりとったり、睡眠にあてたりすると良いでしょう。

発熱は何度以上から解熱薬を使用したほうがよいですか?

特に〇〇℃以上から使用したほうがよいという基準はありません。

多くの小児科医の先生方は38~38.5℃以上で使用するように指示していると思います。

この辺りを大体の目安にしていただけるとよいでしょう。

先ほども少し述べた点を合わせると、38〜38.5℃以上あって、本人が辛そうにしているなら使用してあげるとよいでしょう。

▪️ 高熱=重症ではありませんよ

熱の高さと病気の重症度は必ずしも一致しないことが多いです。

ですので、高熱だからといって、慌てて解熱薬を使用しなくてもよいでしょう。

あくまで、お子さんが辛そうか、しっかり観察してあげて、投与するかどうか決めるとよいでしょう。

解熱薬を使用してはいけないケースはありますか?

小児に使用している解熱薬はアセトアミノフェンカロナール・コカール)がほとんどです。

医師から指示された用法と用量を守っていただければ、基本的には安全なお薬です。

▪️ 3ヶ月未満の発熱は注意して

とはいえ、3ヶ月未満のお子さんには解熱薬を使用するケースは少ないです。

理由として:

  • 体温調節が未熟である
  • 解熱薬の副作用が少ない
  • 重症な感染症が隠れていることがある

といった点があげられます。

3ヶ月未満の発熱であれば、無理せずに入院できるくらいの大きな病院へ受診してください。

 

▪️ 関連記事:発熱時の対処法まとめ

 ▪️ 関連記事:解熱剤について、さらに詳しく知りたい方はこちら

www.dr-kid.net