科学的根拠

プロバイオティクスは小児入院患者の下痢に有効か? インド編

今回はこちらの文献をピックアップしました。

文献

Dutta P, et al. Randomised controlled clinical trial of Lactobacillus sporogenes (Bacillus coagulans), used as probiotic in clinical practice, on acute watery diarrhoea in children. Trop Med Int Health. 2011;16:555-61

プロバイオティクスにも様々な種類がありますが、「Lactobacillus sporogenes (Bacillus coagulans)」という菌株の有効性を、インドで検証しています。

過去にもロタウイルス胃腸炎を対象に、

  • Lactobacillus
  • Bifidobacterium

が中心で、時にEnterococcus, Streptococcus, Escherichia coli, Saccharomycesといった菌株も使用されたことがあるようです。

インドでもLactobacillusやStreptococcusを中心にランダム化比較試験が行われてきましたが、有効性に一貫性はなく、研究によって結果はばらばらであったようです。
そこで、今回の研究が行われました。

研究の方法

今回の研究は、2003-2005年にインドで行われた二重盲検ランダム化比較試験で、

  •  6〜24ヶ月
  •  下痢+脱水あり
  •  症状は3日以内
  •  入院が必要
  •  完全母乳栄養でない
  •  重度の脱水はない
  •  慢性疾患はない
  •  抗菌薬の先行投与がされていない

となった患者を対象に行われています。治療は、通常の経口補水療法に加えて、

  •  プロバイオティクス(Lactobacillus sporogenes (Bacillus coagulans)
  •  プラセボ

をランダムに割付ています。

Dr.KID
Dr.KID
プラセボがなんだったのか分からない…

アウトカム

研究のアウトカムは、

  •  下痢の軽快率
  •  下痢の期間
  •  下痢の頻度
  •  下痢の量

などを見ています。

研究結果と考察

148人の患者が研究に参加し、

  •  78人が L. sporogenes
  •  70人がプラセボ

の治療を受けました。

患者背景を比較していますが、グループ間での違いはあまりなさそうです。
ばらつきが大きいですが、コントロール群の方がやや体重が少ないですね。

Dr.KID
Dr.KID
Table 1はinference statisticsではないので、このTableのようにP値はいりませんよ〜!

さらにこちらでは、病原体を検出しています。

Dr.KID
Dr.KID
貴重なデータですね。

過去の研究ではロタウイルスが6割程度占めていたので、やや少なめでしょうか。
インドの事情は詳しくないですが、季節変動の影響などもあるのかもしれないですね。

アウトカムについて

若干ですが、プロバイオティクスを使用したグループの方が治癒率が高く、下痢の症状もやや軽快しているようにも見えますが、ばらつきが大きく不正確な推定になっています。
統計学的な有意差も、便の頻度で有意水準付近にあるくらいで、あとは有意差を認めていません。

ロタウイルス感染者のみのアウトカム

全体の3割程度ですが、ロタウイルス感染者のアウトカムに注目してみましょう。

どちらのアウトカムも似通っており、臨床的に重要そうな違いはなさそうです。

ただし、この解析はサブグループ解析ですので、そもそもサンプル数が足りていない点を留意する必要があります。

考察と感想

今回の研究はインドの6〜24ヶ月の小児を対象に行われたRCTですが、プロバイオティクスのはっきりとした有効性はなさそうでした。
全く効かないかというと、そういうわけでもなく、患者全体で見ると下痢症状が改善傾向にあるようにも見えますが、このくらいの軽快にどれだけ臨床的な意義があるのかは、やや懐疑的になってしまいます。

著者らもこの点についてはdiscussionで記載しており、プロバイオティクスの有効性は、

  •  地域
  •  患者の重症度
  •  病原体の種類
  •  基礎疾患

など、様々な要素の影響を受けているでしょう。
例えば、食品を通じてプロバイオティクスを摂取している場合、薬で足してもあまり意味がないですし、医療にかけるコストや、薬を投与する手間などを考えても、有効性の検証は大事でしょう。

このため、RCTによって有効性が確認された時に、どこまで一般化するべきなのかは、慎重に考えないといけないでしょう。
他国で有効性が検証されて、飛びついて治療をしてみたけれど、実は自国では有効性はなかった、という研究は山ほどあります。

この時、有効性がある vsない、という二元論に陥るのではなく、

  •  どのような患者層であれば有効になるのか
  •  どのような条件であれば有効になるのか

といった因子を探る必要があります。この因子のことを疫学者は「effect modifier(効果修飾因子)」などと呼んでいます。

Dr.KID
Dr.KID
交絡因子(confounder)とは全然意味合いが違います。

まとめ

今回の研究は6ヶ月〜24ヶ月を対象に、プロバイオティクスの有効性を、インドの小児入院患者で検証しましたが、臨床的に明らかな改善はなさそうな印象でした。

プロバイオティクスの有効性は地域や患者背景、病原体など、様々な因子の影響を受けるため、一筋縄にはいかなそうな印象です。

 

ABOUT ME
Dr-KID
Dr-KID
このブログ(https://www.dr-kid.net )を書いてる小児科専門医・疫学者。 小児医療の研究で、英語論文を年5〜10本執筆、査読は年30-50本。 趣味は中長期投資、旅・散策、サッカー観戦。note (https://note.mu/drkid)もやってます。