ワクチン

【予防接種】B型肝炎ウイルスとワクチンについて【臨床的な特徴、慢性化、抗体獲得率】

前回はB型肝炎ウイルスの一般的な特徴や、診断について説明してきました。

基本的なことをおさえるために、あえて小児科に関連した内容はさけて記載しています。 

 今回は、実際にB型肝炎ウイルスに感染した場合に起こる症状、慢性化のリスク、ワクチンについて解説していこうと思います。

小児特有の事情として、慢性化しやすい、母子感染、ワクチン接種を乳児から行うなど、成人と異なる部分があります。この点も言及しながら、説明していこうと思います。

B型肝炎の臨床的な特徴

ここからはB型肝炎の臨床的な特徴(症状など)について説明していこうと思います。

▪️ 症状について

肝炎の一般的な症状はこちらにまとめてあります。

 

症状として、発熱・倦怠感・頭痛・筋肉痛などが多く、他の感染症との区別が難しいことが多いです。

▪️ 感染しても症状が出ないことがあります

B型肝炎は、少なくとも50%程度は感染しても症状が出ないといわれています。

例えば、症状が出現する割合を年齢別にみると

  • 12ヶ月未満:ほぼ 0%
  • 1−4歳:約10%
  • 5歳以上:約35%

が症状が出るといわれています。

▪️ B型肝炎の合併症について

B型肝炎の合併症として、

  • 劇症型肝炎
  • 肝硬変
  • 肝臓ガン
  • 死亡

があります。B型肝炎は自然に治ってしまうことがある反面、非常に重篤な合併症の原因になることがあります。

 

▪️ 低月齢ほど慢性化しやすいです

f:id:Dr-KID:20180625130554p:plain

新生児や乳児は症状が出づらく、さらに慢性化しやすい特徴があります。

この時期は母子感染が最も多いでしょう。

▪️ B型肝炎ウイルスの母子感染について

母親がB型肝炎で、HBs抗原とHBe抗原が陽性の場合、

  • 70-90%の乳児が感染し
  • 感染した乳児のうち90%が慢性化した

と報告されています。

また、母親のHBs抗原のみが陽性の場合

  • 5〜20%の乳幼児が感染し
  • 感染した乳児のうち90%が慢性化した

とされています。

B型肝炎の治療やワクチンについて

B型肝炎が慢性化した場合、

  • 抗ウイルス薬
  • インターフェロン

などを中心に治療をします。

 

▪️ 母子感染を予防するために

母子感染を予防するために、

  • 妊婦すべてにB型肝炎のスクリーニングをする
  • 妊婦は陽性の場合、適切に治療をする
  • 乳児の予防接種を行う

の3点があげられます。

 

▪️ B型肝炎ワクチンについて

B型肝炎ワクチンは、

  • 95%以上の有効率があり
  • 20年以上、免疫が持続する

といわれています。

確実に免疫をつけるために、B型肝炎ワクチンは3回接種する必要があります。

f:id:Dr-KID:20180625133403p:plain

乳幼児は抗体(免疫)がつきづらいイメージがあるかもしれませんが、3回予防接種をすれば高い確率で抗体を獲得できます。

 

まとめ

新生児や乳幼児はB型肝炎ウイルスに感染しても症状が出づらく、さらに慢性化する可能性が非常に高いため、早めにワクチンを接種する必要があります。

ワクチンは3回接種することで、乳児でも確実に免疫を獲得できます。

 

▪️ あわせて読みたい

www.dr-kid.net