内分泌・代謝

背が低いのですが、大丈夫でしょうか?

『身長が低くて心配です。何か病気でしょうか?』

と外来で相談されることが時々あります。

特に4-5歳〜10台までのお子さんの保護者から相談が多い傾向にあります。

身長・体重計測して医師に診てもらえる健診は3歳で終わり、その後は相談先があまりないので、外来受診の時に気になっていた思いを伝えてくれたのだと思って、いつも相談にのっています。

身長が低くても、何か病気が隠れていることは少ないです

『身長が低い(低身長)=病気が隠れている』
と心配される保護者はそこそこいます。

ですが、病気があることのほうが少ないです(とはいえ、病気が隠れていることが稀にあります)。

ですので、過度な心配はされなくて良いと思います。

▪️ 身長が低い主な原因

低身長の原因として多いのは主に3つでして;

  1. 父または母、あるいは両方とも背が低い
  2. 成長スパートが遅く、遅れて背が高くなる
  3. 成長スパートが早く、最初は周りより背が高かったが、後に追いつかれた

の3つのパターンです。

*成長スパート:思春期に急激に背が高くなる時期をいいます

▪️ 背が伸びなくなる病気・原因

病気で背が伸びなくなることは多くはありませんが;

  • やせすぎ
  • 慢性疾患(心臓・肺・腎臓・血液など)
  • 成長ホルモンの分泌が少ない
  • 遺伝子異常

などが原因で背が伸びにくくなることがあります。

▪️ 成長ホルモンって何ですか?

f:id:Dr-KID:20180407045029p:plain

成長ホルモンは脳にある下垂体から分泌されています(上の図)。

特に夜間に分泌され、背を伸ばしたり、筋肉を発達させる効果があります。

検査は必要でしょうか?

どのような検査をするかは、患者さんにより異なります。

低身長の原因を問診しながら判断することが多いです。

  1. 成長曲線をつける
  2. 血液検査(成長ホルモンの量)
  3. レントゲン(手:骨年齢をみる)

の3つを行うことが多いです。

▪️ 成長曲線について

成長曲線はこちらのサイトで簡単につけることができます。

低身長は治療が必要ですか?

低身長は治療が必要なことも、必要でないこともあります。

曖昧な回答ですが、原因と低身長の程度によると思います。

▪️ 慢性疾患による低身長の場合

慢性疾患による低身長のこともあります。

例えば、喘息のコントロールが悪かったり、(稀ですが)炎症性腸疾患のため低身長になっていることもあります。

この場合は、喘息など慢性疾患をしっかり管理することで、結果として身長が伸びてくれます。

 

▪️ 成長ホルモンの分泌量が少ない場合

この場合は成長ホルモンの補充が必要となります。
通常は、年単位で治療を行います。

成長ホルモンを補充しても、必ずしも背が高くなるわけではありません。
またホルモン補充療法はコストが高く、年単位の治療が必要なため、適応については小児内分泌の医師と相談することが多いです。

 

▪️ 日常生活でのアドバイス

食事の量と種類を見直すとよいと思います。
大きな病院であれば栄養士さんと相談できることもあります。

また、十分な睡眠時間を確保するようにしましょう。

低身長だと学校で「チビ」と言われたり、からかわれて、いじめられているケースもあります(特に男の子)。

このため、子供の自尊心が大きく損なわれていることもあります。
身長以外で何か得意なことを伸ばして、自尊心を回復できるように促すとよいでしょう。

 

▪️ あわせて読みたい

www.dr-kid.net