小児科

こどもの咳の原因や、受診の目安について

今回はこどもの咳について、広く浅く説明していきましょう。

Dr.KID
Dr.KID
よくある咳だからこそ、少し詳しく知っておくと良いと思います。

なぜ咳をするのですか?

咳は空気の通り道をきれいにしたり、異物が気管支や肺に入らないように起こる反射です。

乾いた咳と湿った咳

ひょっとしたら小児科医から『咳は乾いていますか?』と質問されたことがあるかもしれません。

乾いた咳とは、痰がらみのない咳のことをいいます(乾性咳)。
湿った咳とは、痰がらみのある咳のことです(湿性咳)。

重症な咳ってありますか?

咳をして、呼吸が苦しそうな状態が持続すれば、重症な咳と判断します。

咳の原因について教えてください

咳の原因を簡潔にリスト化すると;

  • 感染症(かぜ、気管支炎、副鼻腔炎、肺炎など)
  • 気管支喘息
  • 異物誤嚥
  • 癖(クセ)
  • そのほか

に分かれます。
小児では感染症が圧倒的に多く、気管支喘息のこともあります。

医療機関に受診する目安を教えてください

おおよその目安ですが:

  • 生後3ヶ月以下で咳が続く
  • 呼吸が苦しそう
  • 呼吸が早い
  • 血痰が出た
  • 水分がとれない
  • 発熱し、咳がでて、ぐったりしている
  • 咳がひどくて嘔吐した
  • 陥没呼吸がある

の場合は、お早めに受診されたほうが良いでしょう。

陥没呼吸って何ですか?

f:id:Dr-KID:20180401184434p:plain

上のイラストのように、呼吸をしているとき(特に息を吸う時)に肋骨が浮き出ている状態を「陥没呼吸」いいます。

Dr.KID
Dr.KID
呼吸が苦しい状態ですので、お早めに受診しましょう。

咳がずっと続いています

咳が2〜3週間以上続く場合も受診されたほうが良いでしょう。
通常の風邪であれば、およそ2週間前後で軽快することが多いです。

咳の原因を調べる検査はありますか?

風邪であれば検査は不要ですが、重症であったり、長引いている場合は検査をします。

例えば;

  • レントゲン
  • 感染症検査(百日咳、マイコプラズマ、RSウイルスなど)
  • 呼吸機能検査(6歳以上)
  • 気管支鏡(異物誤嚥を疑ったら)

を行うことがあります。

家庭で咳を和らげる方法を教えてください

  • 水分摂取を多く
  • 寝室は加湿する
  • (ひどい時は)お風呂場などでお湯の蒸気を吸わせる

などをすると咳が軽快すると思います。

6歳以下なら咳止めの市販薬は飲まないで

市販薬にはコデインや抗ヒスタミン薬が入っています。
コデインは鎮静作用が強く、抗ヒスタミン薬はけいれんを起こしやすくなります。
ですので、6歳以下では市販薬は飲まないほうがよいでしょう。

咳の治療はありますか?

風邪による咳であれば様子をみているだけで2週間前後で軽快します。

治療が必要となるのは:

  • 細菌感染(副鼻腔炎、肺炎など):抗生剤を使用
  • 気管支喘息:ステロイドや吸入薬
  • 異物誤嚥:気管支鏡で異物を摘出

などがあります。

関連記事:抗ヒスタミン薬について

子供のかぜと抗ヒスタミン薬(ペリアクチン、ポララミン)の副作用 「鼻水が出ているので、止める薬をください」 と小児科外来でお願いされることが多々あります。 ですが、風邪に対する鼻水止め(...

関連記事:風邪の治療について

こどもの風邪のホームケアと科学的根拠のある治療法風邪について 『風邪(かぜ)』は医学用語で『急性上気道炎』といいます。風邪の原因は、大半がウイルス感染です。 『ウイルスが原因なら、...

 

ABOUT ME
Dr-KID
Dr-KID
このブログ(https://www.dr-kid.net )を書いてる小児科専門医・疫学者。 小児医療の研究で、英語論文を年5〜10本執筆、査読は年30-50本。 趣味は中長期投資、旅・散策、サッカー観戦。note (https://note.mu/drkid)もやってます。
RELATED POST