小児科

小児慢性ITPの治療法や経過は国際的にはどうなのか?

今回は、小児の慢性ITPにおいて、診断後の経過や治療の推移を報告した国際研究を紹介します。

マミー
マミー
小児のITPの治療って何がありますか?

Dr.KID
Dr.KID
過去のエビデンスをみてみましょう。

   ITPはかつて特発性血小板減少性紫斑病 or 免疫性血小板減少性紫斑病、その後、免疫性血小板減少症と呼び名が変わっています。

 研究の概要

 背景・目的

急性および慢性ITPは、伝統的に診断後6か月のカットオフに基づいている決定されてきた。

この国際登録では、小児ITPの診断、定義、治療・管理を追跡し評価した。
本報告は6か月以上持続する血小板減少症の小児に焦点を当てる。

方法

診断時、 6か月後、および12か月後に、 ITPの小児を治療している医師へのアンケートによってデータを収集した。

データは、持続性血小板減少症の小児と診断から7〜12か月の間に血小板数が回復した小児ITPの小児に重点を置き、初期および追跡した特徴に関し比較した。

結果

診断から12か月で、 308名の評価可能な小児のうち79名 (25.6%) がITPから回復し、 229名が進行中のITPであった。

回復したITPの小児は進行中のITPの小児より若く、診断後の最初の6か月間に出血症状の頻度が低かった。

入院頻度、骨髄穿刺、薬物治療は地域により異なっていた。

結論

7〜12か月の間のITPからの高い回復率は、慢性ITPの定義に対する6か月のカットオフ点が、慢性と急性ITPを適切に区別できていないことを示す。

ITPの子供の多くは、血小板数の段階的な改善と出血徴候の消失により、回復までの時間は大きく異なる。

ITPは多様な自然歴と治療反応の多様なパターンを有する不均一な疾患である。

考察と感想

この研究は38か国、136施設において行われたようですね。

治療に関しては、半数程度は無治療経過観察、残りはIVIG +/- ステロイドを適宜使うという方針だったようです。5%くらいの割合でAnti-Dを使用しています。

Dr.KID
Dr.KID
脾臓摘出の症例は、この研究からは除外されていました。

まとめ

今回は、慢性ITPにおいて6〜12ヶ月の経過をみた国際的な研究です。

1/4くらいは慢性ITPの基準を満たしても、半年以内に軽快していたようです。

 

 

created by Rinker
¥4,950
(2022/12/01 09:54:21時点 Amazon調べ-詳細)

Dr. KIDの執筆した書籍・Note

医学書:小児のかぜ薬のエビデンス

小児のかぜ薬のエビデンスについて、システマティックレビューとメタ解析の結果を中心に解説しています。
また、これらの文献の読み方・考え方についても「Lecture」として解説しました。
1冊で2度美味しい本です:

小児の診療に関わる医療者に広く読んでいただければと思います。

医学書:小児の抗菌薬のエビデンス

こちらは、私が3年間かかわってきた小児の抗菌薬の適正使用を行なった研究から生まれた書籍です。

日本の小児において、現在の抗菌薬の使用状況の何が問題で、どのようなエビデンスを知れば、実際の診療に変化をもたらせるのかを、小児感染症のエキスパートの先生と一緒に議論しながら生まれた書籍です。

created by Rinker
¥3,850
(2022/12/01 03:58:23時点 Amazon調べ-詳細)

Noteもやっています

かぜ薬とホームケアのまとめnote

小児のかぜ薬とホームケアの科学的根拠

 

小児科外来でよくある質問に、科学的根拠を持って答えるnote

保護者からのよくある質問に科学的根拠で答える

 

ABOUT ME
Dr-KID
このブログ(https://www.dr-kid.net )を書いてる小児科専門医・疫学者。 小児医療の研究で、英語論文を年5〜10本執筆、査読は年30-50本。 趣味は中長期投資、旅・散策、サッカー観戦。note (https://note.mu/drkid)もやってます。