ドクター・キッド

〜小児科医が解説する子供の健康・病気と単なる雑記のブログ〜

頭をぶつけました。CTかレントゲンを撮影してください。

【スポンサーリンク】


f:id:Dr-KID:20180328051548p:plain

『頭をぶつけてしまいました』

『心配なので、画像検査をしてください』

それほど多い相談ではありませんが、時々、このように心配されて受診されることがあります。

私たちは、受傷の程度、本人の症状や意識、神経学的な診察をもとに画像検査の適応を判断しています。

こどもはよく頭をぶつけます

こどもは、怖いもの知らずで好きなように動くため、頭をぶつけることは良くあります。

はいはい、伝い歩き、一人歩きなど運動機能が発達するにつれ、頭をぶつけてしまうリスクは上がります。

また、公園に遊びに行った際、ついつい楽しくなって転倒するケースも多いです。

▪️ 小児科は外傷は得意ではない

小児科は本来は内科疾患を中心に診る科ですので、頭部打撲など外傷は得意ではありません。

医療施設やクリニックによっては、頭部外傷は診ないこともあります。

とはいえ、社会的なニーズもあるため、小児科でもある程度の外傷をみる施設も増えています。

私個人としても、頭部外傷だけでなく、簡単な外傷、縫合処置や、軽い熱傷、肘内障などは診ることができます。

レントゲンやCT検査について

ときどき 「骨折が心配なので、レントゲンやCTを撮ってください」 と言われることがあります。

軽い頭部外傷であれば、骨折をしたり、頭の中に損傷をうけることは少ないです。

また、レントゲンもCTも被曝するデメリットがあります。

▪️ レントゲンは不正確

レントゲンは被爆量が少量ですが、骨折の診断は非常に難しくなります。

これは、あかちゃんの骨が軟らかく、骨折の線として捉えられないことが多いからです。

また、レントゲンは頭の中の出血まで捉えることはできません。

ですので、本気で骨折を疑ったいる場合には、原則としてCTを撮影します。

▪️ CTを撮影するデメリット

CTは骨折も頭の中の出血も鋭敏に捉えることができます。

しかし、CTもいくつかデメリットがあります。

例えば、CTは放射線の被曝量がレントゲンと比較してはるかに多いです。

CTを撮影するには、赤ちゃんが動くと困るため、眠くなる薬(鎮静薬)を使ってやります。

▪️ 軽症の頭部外傷なら画像検査は不要

画像検査にもデメリットが多いため、軽症の頭部外傷であれば、画像検査をせずに様子をみることがほとんどです。

f:id:Dr-KID:20180325152210p:plain

 軽症かどうかは、どう見分けていますか?

頭部外傷が軽症かどうかは、

  1.  たんこぶの大きさ
  2.  意識がしっかりしているか
  3.  嘔吐が複数回ないか
  4.  けいれんがないか
  5.  親からみて、普段とかわりがないか
  6.  どのくらいの高さから落ちたのか

を参考にします。

たんこぶがないか、あっても小さく、普段と様子が変わらなければ、心配ありません。

頭を打った後に1〜2回程度の嘔吐をすることはありますが、すぐに治まれば、ほぼ心配はいりません。

頭の出血が多い、明らかに様子がおかしいときは、救急車を読んでもよいでしょう。

▪️ どのくらい様子をみたらよいですか?

頭を打ってから、6〜24時間以内に症状が出てくることがほとんどです。

1日程度、ご自宅で安静にして問題なければ、基本的には安心してよいでしょう。

▪️ 遅れて症状が出てくることはありますか?

例えば、高齢者の場合は脳が萎縮しているため、ゆっくりと出血して遅れて症状が出てくることがあります。

しかし、子供の場合、脳は頭の中にぎっしりと詰まっているため、早く症状が出ます。

ですので、遅れて症状が出てくることは稀でしょう。

再発防止も重要です

ご家庭で頭をぶつけてしまった場合、家庭環境などを見直しましょう。

赤ちゃんが落ちる危険のあるソファーや椅子の上に寝かせたりしないようにしましょう。

ベビーベッドやベビーカーは、しっかりと安全ベルトをしましょう。

室内でも、机や棚の角は頭をぶつけると危険ですので、カバーするグッズなどを備えるとよいでしょう。