ドクター・キッド

〜小児科医が解説する子供の健康・病気と単なる雑記〜

胃腸炎関連痙攣について説明します

【スポンサーリンク】


腸炎関連痙攣ってなんですか?

痙攣と聞くと「熱性痙攣」を思い浮かべる方が多いと思います。
「熱性痙攣」は、5歳未満の乳幼児が、発熱後に起こすひきつけのことを言います。

一方、胃腸炎関連痙攣(けいれん)は、「軽症の下痢に伴う良性の痙攣」です。
乳幼児がロタウイルスノロウイルスなど、ウイルス性胃腸炎にかかった時に起こす痙攣を『胃腸炎関連痙攣』と呼んで、熱性痙攣と区別しています。

熱性痙攣とは異なるので、発熱しなくても痙攣しますし、痙攣は短い数分程度の痙攣発作を何回も繰り返す「群発性」の特徴があります。。

My brain

腸炎関連痙攣の特徴を教えて下さい

腸炎関連痙攣は、乳幼児に多いです。
起こりやすい年齢は、生後2ヶ月〜3歳です。
男児も女児も同じ割合で起こします。

下痢は軽症であることが多く、脱水も軽度です。
発熱は認めず、けいれん発作の持続時間は1〜3分が多いです。

1日の間に2回〜6回ほど繰り返すことがありますが、発作の間は意識レベルの低下はあまりありません。
後遺症は一般的に残さないです。

日本人に多いって本当ですか?

ロタウイルスは世界中で感染していますが、ロタウイルス性胃腸炎で痙攣が出ると報告されているのは、日本を含むアジアがほとんどです。
腸炎関連痙攣がロタウイルス腸炎で出現する頻度は:

  • 日本 2.9%
  • 台湾 5.3%
  • インド 3.7%

という報告もあります。
アジアに発症が多く、アジア人に共有している遺伝子との関連性を疑いたくなります。

www.ncbi.nlm.nih.gov

再発することはありますか?

再発することは非常に稀です。
つまり、胃腸炎関連痙攣で入院を繰り返す例は珍しいでしょう。

治療について教えて下さい

治療はカルバマゼピン (テグレトール)を使用して、痙攣の群発が抑制できるといわれています。
熱性痙攣でよく使用されるジアゼパムダイアップ)は無効と考えられています。

 

◎ こちらは小児神経科医が書いた「けいれん」の本です。小児神経科はてんかんや発達など、子供の神経の専門家です。専門家の書いた書籍は、小児科のそれとはまた違った面白さがあると思います。私も1度読んでみようと思います。

初めてのけいれん さあどうするか

初めてのけいれん さあどうするか