ドクター・キッド

〜小児科医が解説する子供の健康・病気と単なる雑記のブログ〜

ワクチン

B型肝炎ウイルスとワクチンについて解説します② 〜臨床的な特徴、慢性化、ワクチンについて〜

前回はB型肝炎ウイルスの一般的な特徴や、診断について説明してきました。 今回は、実際にB型肝炎ウイルスに感染した場合に起こる症状、慢性化のリスク、ワクチンについて解説していこうと思います。 B型肝炎の臨床的な特徴 ここからはB型肝炎の臨床的な特徴…

B型肝炎ウイルスとワクチンについて解説します① 〜ウイルスの特徴と抗原・抗体検査について〜

2016年10月からB型肝炎ワクチンが定期接種となりました。 B型肝炎は他の予防接種と比較して、あまり馴染みがないかもしれません。 B型肝炎ウイルスに感染し、慢性化すると慢性肝炎、肝硬変、肝臓ガンの原因になります。 特に乳幼児は慢性化しやすいため、予…

A型肝炎について詳しく解説します

前回、こちらの記事で肝炎について、概要を説明しました: 例えば、肝炎の原因となる肝炎ウイルスは、A型〜E型肝炎ウイルスの5種類があり、それぞれ流行地域や特徴が少し異なります。 日本ではあまり聞きなれないかもしれませんが、今回はA型肝炎について説…

肝炎について教えてください

肝炎って何ですか? 肝炎とは、その名の通り『肝臓に炎症が起きている状態』をいいます。 肝臓は有害な物質を分解したり、栄養を貯蓄したり、胆汁という消化酵素を分泌したりと、様々な機能を担っています。 そこに炎症が起きてしまうと、肝臓の機能が著しく…

卵アレルギーや喘息のある小児に、経鼻インフルエンザ生ワクチンを使用してもよいか?

『インフルエンザワクチンって生ワクチンがあるのですか?』 といきなり質問されてしまいそうですが、海外では2歳以上を対象に、経鼻からインフルエンザ生ワクチンを接種している国があります。 フルミスト(FluMist)と呼ばれる製品が一番有名かもしれませ…

ワクチン後に解熱薬を使っても抗体(免疫)は獲得できるでしょう

▪️ ワクチン摂取後に発熱することがあります ワクチン摂取後に発熱してしまうことがあります。 ほとんどは1日以内に発熱して、熱は長引かないことが多いです。 発熱しやすいワクチンもあり; 肺炎球菌ワクチン インフルエンザワクチン 四種混合ワクチン な…

こどもの髄膜炎について詳しく解説します

髄膜炎って何ですか? 髄膜炎(ずいまくえん)は脳や脊髄を保護する膜(髄膜)に炎症がある状態をいいます。 ▪️ 髄膜炎が起こる理由 髄膜炎の原因はほとんどが、ウイルスや細菌による感染症です。 頻度は多くありませんが、薬剤(免疫グロブリンなど)から髄…

薬を飲んでいますが、予防接種を受けてよいですか?

予防接種を受ける前に 「この子、カゼをひいて薬を飲んでいるのですが、予防接種を受けられますか?」 と質問されることが、よくあります。 薬を飲んでいる時は予防接種はうけられない 体調が完全に良い時でないと予防接種はNG と考えている保護者もいます。…

四種混合ワクチンの『四種(ジフテリア・百日咳・破傷風・ポリオ)』について解説します

四種混合ワクチンのポイント ● "四種" とは、"ジフテリア・百日咳・破傷風・ポリオ"です ● この四種類の病気にかかると、重症化する危険性があります ● ワクチンで予防可能です そもそも四種混合って何ですか? 四種混合(DPT-IPV) ワクチンですが、その名の…

日本脳炎ワクチンって必要ですか?

『日本脳炎ワクチンはうけた方が良いですか?』 と外来で質問されることが、時々あります。 水痘(みずぼうそう)やムンプス(おたふくかぜ)のように身近な疾患でないせいか、『日本脳炎のワクチンって本当に必要?』と思われる方も多いです。 今回はこちら…

インフルエンザ桿菌(Hib:ヒブ)とHibワクチンについて解説します

Hib(ヒブ)って何ですか? Hib (ヒブ)はインフルエンザ桿菌 (Hemophils influenza type b)の略語で、頭文字のHibをとってヒブと言っています。 ▪️ ヒブ感染症のポイント まず、ヒブ感染症のポイントを説明します。 重要なポイントは以下の4点です: "ヒブ…

BCGワクチンは肺結核、粟粒結核・髄膜炎の予防に有効

日本では「ハンコ注射」でおなじみのBCGワクチンです。 BCGワクチンは肺結核、粟粒結核、結核性髄膜炎に有効といわれていますが、今回はその有効性を示した論文をピックアップしました。 研究の背景 研究の解析が始められた2009年までにBCGワクチンの有効性…

麻疹(はしか)について解説します

麻疹(はしか)のまとめ 麻疹ウイルスの空気感染によっておこります。 発熱、咳、鼻水、発疹を特徴としています。 予防接種を受けないと、多くの人がかかる病気です。 肺炎、中耳炎、脳炎といった合併症があります。 1歳になったら早めにワクチンを受けるよ…

インフルエンザの迅速検査で陰性と言われましたが、本当にインフルエンザじゃないですか?〜データと陰性的中率から考察する〜

前回、インフルエンザ迅速検査の感度は発熱から検査をするまでの時間で大きく変化することを説明してきました。 上の図を用いて説明してきたように、感度80%以上の状態で迅速検査を行いたい場合、最低でも24時間は経過してからのほうが良いと言えます。 ■ 感…

卵アレルギーとインフルエンザワクチン接種の可否について

卵アレルギーとインフルエンザ・ワクチン接種について ポイントは以下の3点です; インフルエンザワクチンには微量の鶏卵成分が含まれてます アレルギー症状はでないことがほとんどで、基本的に安全です 卵アレルギーのある方は事前に主治医とよく相談しま…

百日咳について解説します

百日咳の原因について 百日咳は、百日咳菌という細菌に感染して起こります。 百日咳菌には、B. pertussisとB. parapertussisの2種類います。 百日咳は世界的にずっと流行していて、全世界で年間20〜30万人が死亡しているといわれています。 日本を含む先進…

1歳未満の乳児へのインフルエンザワクチンについて

1歳未満の乳児へのインフルエンザワクチンのポイント 生後6ヶ月からインフルエンザワクチンを接種できます 1歳未満のインフルエンザワクチン接種は抗体(免疫)がややつきにくいです 1歳未満にワクチン接種をすると、10-70%くらいの確率で抗体がつきます …

ワクチンの同時接種について解説します

ワクチン同時接種のポイント ワクチン同時接種しても、有効性は変わりません 同時接種をしても、副反応のリスクは変わりません ワクチンの種類は年々増えています 『ワクチン・ギャップ』という言葉を聞いたことがありますか? 実は、日本はワクチン後進国で…

予防接種に行く前に読むとよいでしょう

予防接種に行く前に以下をチェック 予防接種に行く前に以下の点をチェックするとよいでしょう; お子さんの体調はよいですか? 接種する予防接種について、必要性や副反応を理解しているか? 母子手帳は持ちましたか? 予診票は記入したか? これらをきちん…

水痘(水疱瘡)について解説します

水痘(水疱瘡)のまとめ 水痘は水痘帯状疱疹ウイルスの初感染で起こります 空気感染によって広がり、感染力は強いです 潜伏期間は10〜21日程度です 痒みを伴う水ぶくれ(水疱)から痂皮(かさぶた)になり治癒します 登園または登校の許可は全ての発疹が痂皮…

おたふく風邪とワクチンについて解説します

おたふくかぜのポイント おたふくかぜに関するまとめ: おたふくかぜはムンプスウイルスの感染で起こります 顎に痛みを伴う腫れがでます ワクチンで予防可能な感染症です 合併症は難聴、精巣炎や髄膜炎があります おたふくかぜの原因と特徴 『おたふくかぜ』…

ロタウイルス胃腸炎とロタウイルスワクチンの全て

ロタウイルス胃腸炎は乳幼児に多い胃腸炎で、下痢・嘔吐・発熱などの症状が中心です。症状がひどい場合、脱水になって入院が必要になってしまうケースもあります。今回は、ロタウイルス胃腸炎とワクチンについて詳しく説明していきます。 まずはロタウイルス…

おたふくかぜと反復性耳下腺炎について

おたふくかぜのポイント まずは、おたふくかぜのポイントです: おたふくかぜはムンプスウイルスへの感染で起こる 顎(耳の下)が腫れて、痛みがでます おたふくかぜはワクチン接種で予防可能です 合併症は、精巣炎・髄膜炎・膵炎があります おたふくかぜの…

BCG接種とコッホ現象について解説します

結核について 『結核』は『結核菌』に感染することで起こる病気です。結核の特徴は、長引く咳、血痰、熱が続く病気で、長期的な治療が必要です。日本では、お年寄りや衛生環境の悪い地域で流行しており、毎年2万人程度の新規に結核患者が発生しています。 ■…