患者教育

こどもの頭痛について簡単に解説します

『こどもが頭を痛がっていて心配です』と受診されることがあります。

実は、こどもの頭痛は非常に多いです。

例えば、体調を悪くした時は、頭痛も一緒に出てくることがあります。

今回は頭痛について簡単に解説します。

こどもに多い頭痛は2種類

こどもに多い頭痛の種類は2種類でして;

  1. 緊張性頭痛
  2. 片頭痛

です。

1. 緊張性頭痛について

緊張性頭痛は『締め付けられるような』『押されるような』痛みを伴います。

痛みはそれほど強くなく、日常生活に支障があることは少ないのも特徴です。

例えば、学校にいけないほど強い頭痛であることは稀でしょう。

2. 片頭痛について

片頭痛は鋭い痛み、ズキズキする拍動性の頭痛が特徴です。

最初は軽い痛みで始まりますが、悪化すると強い痛みになります。

時に、嘔吐をしたり、光や音に敏感いなったり、眩しく感じたりすることもあります。


 

こどもに頭痛が起きやすいとき

こどもに頭痛が起きやすいのは、風邪をひいたとき、副鼻腔炎になったとき、インフルエンザなど感染症にかかったとき、など体調を崩したときに起きやすいです。

▪️ 重篤な病気が隠れていることは稀

『こどもが頭痛を訴えていて、重い病気じゃないか心配です』

と相談されることもあります。

確かに、髄膜炎・高血圧・脳腫瘍などが隠れていることはありますが、非常に稀なケースです。

病院に受診すべきタイミング

『どのような時に病院・クリニックへ受診したらよいですか?』

と質問されることがあります。

ある程度の目安を説明してみます。

▪️ 急な頭痛の場合

突然、こどもが頭痛を訴えた場合は;

  • 頭部外傷後(頭を強くぶつけた後)
  • 頭痛のため夜起きてしまう
  • 首を痛がる
  • ものが二重に見える
  • 意識がおかしい
  • 歩こうにもバランスがとれない
  • 38℃以上の発熱がある

場合などは受診の目安になると思います。

▪️ 頭痛を繰り返す場合

毎回の頭痛は我慢できる程度ですが、一度受診したほうがいいのは

  • 頭痛が週1回以上ある
  • 3歳以下の頭痛

です。

かかりつけ医にご相談されるとよいでしょう。

頭痛が出てしまった時、自宅でできる対処法

急に頭痛が出てしまった時、自宅でできる対処法として;

  • 静かで暗い部屋に移動し、安静にする
  • 頭を冷やしてあげる
  • 少し寝てみる
  • 痛み止めを飲む

があります。

痛み止めは市販薬もありますので、自宅に常備しておいても良いでしょう:

【第2類医薬品】小児用バファリン チュアブル 12錠

【第2類医薬品】小児用バファリン チュアブル 12錠

 

 検査は必要ですか?

『CTやMRIで脳を検査をしてください』とお願いされることもあります。

CTは放射線に被曝しますし、MRIは30分ほどじっとしていられない年齢ですと、薬で眠らせて撮影する必要があるため、検査をするかは慎重に判断しています。

典型的な緊張性頭痛や片頭痛であれば不要なことが多いですが、長引く場合や、診察して異常がある場合に撮影することがあります。

頭痛の再発予防にできること

頭痛が再度起きる可能性を減らせることとして;

  • 3食しっかりとる
  • 水分摂取をまめに行う
  • カフェインの取りすぎを避ける
  • 寝不足を避ける
  • ストレスを溜めないようにする

などがあります。

アーモンドや大豆製品は血管を収縮させることがあるため、頭痛の原因になることがあります。

頭痛の起きる前に食べた食品をメモしておくと、頭痛の誘引となる食品を見分けることができます。

 

▪️ 関連記事:こどもも片頭痛になります