雑記

[お知らせ] 講談社・ブルーバックスに「子供がかぜをひいても、「受診」や「かぜ薬」が必須ではない理由」を寄稿

よくある疑問

  •  子どもの風邪はいつ治るのでしょうか?
  •  子どもが風邪を繰り返して心配です
  •  早く受診したら、早く治ると思いました
  •  風邪薬は飲んだ方が良いですか?
マミー
マミー
かぜを繰り返しているのですが、その度に疑問点が湧いてきます…

Dr.KID
Dr.KID
小児は成人よりはるかに多くかぜを繰り返すので、知っておいた方が良いポイントがいくつかあります。

これまで、かぜに関して私のブログでも何本か記事を執筆してきました。特に人気記事なのが以下です:

かぜは自然に治るという感覚も育てましょう 『咳はどのくらいで治りますか?』 『鼻水はどのくらいかかりますか?』 『熱は明日には下がりますか?』 と外来でよく質...
こどものかぜの自然経過とかぜ薬について小児科医が簡単に解説します風邪(かぜ)のポイント 分かっているようで分かっていない、こどもの風邪についてまとめてみました; 風邪はくしゃみ、鼻水、咳、喉...
小児のかぜの自然経過を知っておいた方が良いでしょう [考察]  かぜをひいてしまったようです。悪化しないように早めに受診しました。  咳が辛そうなので、咳止めの薬をください  鼻水で鼻...

今回はこれらの記事をまとめて講談社・ブルーバックスさんに寄稿させていただきました。

Dr.KID
Dr.KID
是非とも、読んでみてください!

参考文献

今回の記事は、過去に行われた研究18本の論文を元に執筆しています。

論文の参考文献はこちらになります:

参考文献お知らせ 講談社ブルーバックスさんから記事が公開されました。 こちらが参考文献になりますので、ご興味のある方は読んでみると良いで...
マミー
マミー
どうしてデータを重視しているのですか?

Dr.KID
Dr.KID
医師個人個人の経験に基づく見解も重要ですが、時にバイアスが入り込んでいることがあります。

Dr.KID
Dr.KID
様々な方に読んでもらう場合、論文発表された、より客観性を重視してデータの方が好ましいと考えています。参考文献にもたどり着けるように、リストも作成しました。

ABOUT ME
Dr-KID
Dr-KID
このブログ(https://www.dr-kid.net )を書いてる小児科専門医・疫学者。 小児医療の研究で、英語論文を年5〜10本執筆、査読は年30-50本。 趣味は中長期投資、旅・散策、サッカー観戦。note (https://note.mu/drkid)もやってます。