ドクター・キッド

〜小児科医が解説する子供の健康・病気と単なる雑記のブログ〜

新生児

新生児について教えてください⑤ 〜目・耳・鼻・臍(へそ)について〜

前回、新生児の体重について解説してきました。 www.dr-kid.net 今回は、新生児の目・耳・鼻・臍(へそ)について、みていきましょう。 新生児の目について 視力はまだ未熟です 鼻涙管閉塞について 新生児の耳について 聴力について 聴力検査について 鼻づま…

新生児について教えてください④ 〜体重について〜

前回、新生児の呼吸・脈拍・体温や排泄について解説してきました。 今回は、新生児の体重について、みていきましょう。 体重の変化について ▪️ 生理的な体重減少 赤ちゃんは平均すると約3,000 gで生まれてきます。 しかし、子宮の中では羊水に浮かんでいたた…

新生児について教えてください③ 〜呼吸・循環・排泄について〜

前回、赤ちゃん(新生児)の皮膚について解説してきました(主に黄疸、落屑、産瘤など)。 www.dr-kid.net 今回は、新生児の呼吸・脈拍・体温や排泄について、みていきましょう。 呼吸・脈拍・体温について 生まれたばかりの頃は、心臓も肺も小さい 体温につ…

新生児について教えてください② 〜皮膚について〜

前回、赤ちゃんが生まれてから退院するまでの経過を説明しました。 こちらには、病院で行われる検査や処置を中心に説明しています。 www.dr-kid.net 新生児の肌は生まれてから劇的に変化します。 これは、お母さんのお腹のから外へ出たため、皮膚が環境に適…

新生児について教えてください① 〜入院中の検査・処置について〜

以前、1ヶ月健診でよくある相談集を記載しました。 当ブログで生後0日〜退院までの記事は記載していなかったため、これから複数回にわたって、まとめていこうと思います。 『新生児期』っていつまでですか? 出産後の処置や検査について 先天性代謝異常の…

赤ちゃんはいつから外出してよいですか?交通手段はどれがよいですか?

『赤ちゃんは、いつ頃になったら外出してよいですか?』 『交通手段はどれがよいでしょうか?』 と健診後の外来で相談されることがあります。 明確な決まりはありませんが、小児科的な答えを説明してみようと思います。(多少、私の個人的な意見が混ざってい…

先天性鼻涙管閉塞について解説します

鼻涙管閉塞ってなんですか? 鼻涙管閉塞(びるいかんへいそく)は、その名の通り「鼻涙管」が「閉塞」してしまった状態をいいます。 上のイラストのように、目と鼻は鼻涙管という細い道(涙道)でつながっています。 ここが何らかの原因で閉塞してしまうと、…

新生児の敗血症ってなんですか?

以前、『生後3ヶ月未満の発熱は要注意』と説明しました。 生後3ヶ月未満の乳児・新生児は、免疫能が未熟であるため、重症化してしまうことがあります。 発熱した際には、注意深く様子をみる必要があるので、開業医ではなく入院できるレベルの病院へ受診し…

肥厚性幽門狭窄症について教えてください

肥厚性幽門狭窄症ってなんですか? 肥厚性幽門狭窄症は、その名の通り胃の出口である幽門(ゆうもん)部が肥厚して、狭くなってしまった状態をいいます。 少しイメージしづらいと思いますので、イラストを使ってみていきましょう。 ▪️ 胃はどこになりますか…

新生児の22%は頭蓋癆で、完全母乳栄養だとビタミンD不足状態が遷延しやすい

研究の背景 頭蓋頭蓋癆について ビタミンD不足が小児の健康に与える影響 研究の目的 研究の手法 研究の結果と考察 頭蓋癆の頻度は22% 頭蓋癆の新生児の1ヶ月後 完全母乳栄養のほうがビタミンD不足の傾向 「くる病」は過去の病気ではない まとめ 今回はこちら…

新生児の黄疸について解説します②:合併症と治療

前回、新生児黄疸は体内にビリルビンが蓄積することが原因と説明してきました。 今回は新生児黄疸の合併症と治療について説明していきます。 新生児の黄疸の合併症について 黄疸は血中のビリルビン濃度が高くなると起こりますが、高くなりすぎると脳に対して…

新生児の黄疸について解説します①:症状と診断

新生児黄疸とは? 黄疸はその名の通り、肌や白目が黄色くなる状態をいい、新生児が黄疸になることは非常に多いです。 黄疸の原因はビリルビンという物質の蓄積で起こります。 血液中のビリルビン濃度が高いと、皮膚などにビリルビンが蓄積して「黄疸」が起こ…

慢性的なヒ素を摂取は、流産や死産の誘因になるかもしれない

井戸水というと天然の水でおいしいというイメージを持っている方がいるかもしれません。 確かに安全な井戸水であればもちろん良いのですが、井戸水には予期せぬ細菌が入っていたり、化学物質が混入している場合があります。 日本ですと水質調査が行われたり…

新生児・乳児・幼児の睡眠について解説します〜夜泣き・いびき〜

睡眠サイクルの確立は生後1年で徐々に 睡眠サイクルを確立するのに重要なこと 夜泣きは保護者もつらい 睡眠サイクルと夜泣き 動的な睡眠と静的な睡眠 夜泣きを改善させるには 1歳以降の睡眠について 1歳以降も日々のルーチンは重要です 睡眠時間について …

小児科医が解説する乳児突然死症候群(SIDS)

乳児突然死症候群 (SIDS)って何ですか? 乳児突然死症候群の歴史 乳児突然死症候群 (SIDS)の頻度ってどれくらい? 日本での統計 乳児突然死症候群 (SIDS) の原因 1.母親の要因 2.子供の要因 3.環境要因 4.その他 家庭でできる乳児突然死症候群(SI…

赤ちゃんがよくミルクを吐きますが、大丈夫ですか?

母乳やミルクをよく吐きます... 『赤ちゃんが、よく母乳やミルクを吐きます。先生、大丈夫でしょうか?』 1ヶ月健診や3ヶ月健診で、お母さんからこの質問を非常によくされます。 退院前にも保護者には『赤ちゃんはミルクを吐きますよ』と説明されているこ…

小児科医が解説するRSウイルスのすべて

RSウイルスって何ですか? 『RSウイルス』はどこかで聞いた、という方が多いのではないでしょうか。 ですが、「RSってなに?」と、どこか馴染みのない名前のウイルスかもしれません。 RSの言葉の由来ですが、RSは『Respiratpry Syncytial』 の略です。 "Resp…

生後3ヶ月未満で発熱したら必ず大きな病院へ受診しましょう

「発熱による受診の目安は、年齢によって違いますか?」 「赤ちゃんが発熱したのですが、どうしたらよいですか?」 など、発熱にまつわる質問を時々うけます。 あまり知られていないことの1つに「生後3ヶ月未満の発熱は大きな病院へ(夜間でも、すぐに小児…

小児科医が解説する1ヶ月健診 〜よくある相談とアドバイス〜

1ヶ月健診ってなにをするのですか? 赤ちゃんのこと色々と聞きたいことがあるのですが 先生方は、赤ちゃんのなにを診ているのですか? よくある質問について、教えてください などなど、たくさんの質問があると思います。 分娩・出産、そして1ヶ月健診まで…

乳児湿疹とアトピー性皮膚炎について

こどもの肌がガサガサです 赤ちゃんの肌にたくさん湿疹があるのですが、アトピーでしょうか? この子は将来、アトピーになりますか? など、皮膚トラブルのご相談は外来でたくさんあります。 今回は、お子さんの皮膚の相談で多い、乳児湿疹について説明して…

赤ちゃんの舌が白いです〜新生児鷲口瘡について〜

新生児鷲口瘡について ■ 赤ちゃん舌が真っ白です 『赤ちゃんの舌が白いです。ミルクのカスが取れないのでしょうか?』 と相談されることが時々あります。 口の中に白いカスのような斑点が沢山できた状態を『鵞口瘡(がこうそう)』といいます。 ▪️ ミルクの…

新生児がヘルペスに感染すると、重症化することがあります

新生児もヘルペスに感染するのですか? 口の周りにぶつぶつが出て終わりじゃないのですか? どのように感染するのですか? 「生まれたばかりの赤ちゃん(新生児)のヘルペス感染」と聞くと、なかなかイメージが湧きづらいかもしれません。 ヘルペスと聞くと…