小児科

授乳中に胸にしこりができました…

授乳中に胸にしこりができることは、よくあること

外来で意外と相談されるのが「胸のしこり」について。
小児科は乳腺については専門外なのですが、外来受診される親御さんから、時々、相談されることがあります。

f:id:Dr-KID:20171230224938p:plain

■ 乳管閉塞について

授乳していると、母乳が塊になり、乳管に詰まって、しこりができてしまうことがあります。
このことを、「乳管閉塞」といいます。
原因は乳腺炎とかなり似通ってて:

  • 外出などで授乳回数が減ってしまった。。。
  • 赤ちゃんが上手く母乳を吸えていない
  • 母乳が乳房に残ってしまった

などなど、様々な誘引があります。

乳腺炎とは異なり、それほど痛みはありません。
ですので、気づいたらできていた、というのがほとんどでしょう。

対処法について

まずは、適切に授乳ができているか、1つずつ確認しましょう:

  • 授乳の姿勢
  • 吸い付かせ方
  • 授乳の回数
  • 下着で圧迫してないか

など、ひと通り再確認するとよいでしょう。

■ 温かい蒸しタオルやマッサージが有効なことも

「しこり」には、温かい蒸しタオルなどで、乳房を温めると、徐々にほぐれていくでしょう。

マッサージも有効です。
しこりから、乳頭先端へ向かって、マッサージをするとよいでしょう。

授乳するとき、まずはしこりのある乳房から開始すると改善することがあります。

乳癌が心配です

授乳中も、授乳中以外も、乳癌を疑う場合は、乳腺外科に受診をしましょう。
受診するべきポイントとしては

  1. しこりが急に大きくなった
  2. 卒乳したのに、しこりが全然小さくならない
  3. 母乳に血液が混じる

です。

また、脇の下のしこりも確認して、触れるようでしたら、まずは受診しましょう。
特に40歳以上の方は、定期検診を受けることが重要です。

f:id:Dr-KID:20171230225002p:plain
ABOUT ME
Dr-KID
Dr-KID
このブログ(https://www.dr-kid.net )を書いてる小児科専門医・疫学者。 小児医療の研究で、英語論文を年5〜10本執筆、査読は年30-50本。 趣味は中長期投資、旅・散策、サッカー観戦。note (https://note.mu/drkid)もやってます。