ドクター・キッド

〜小児科医が解説する子供の健康・病気と単なる雑記のブログ〜

ヒブワクチンはインフルエンザ桿菌による重症感染症を予防する

【スポンサーリンク】


f:id:Dr-KID:20180701074736p:plain

今回はヒブ(Hib)ワクチンの投与回数と有効性を示したメタ解析の論文をピックアップしました。

ヒブ(Hib)感染症についてはこちらで詳しく解説しています。

Hibとはインフルエンザ桿菌の略語で、感染すると

などを起こします。特に3−4歳未満の乳幼児は感染しやすいため、ワクチンで予防が行われています。

今回のこちらの論文では、Hibワクチンの投与回数と有効性を検討しています。

 

研究の方法

今回の研究では、

  • ランダム化比較研究、準ランダム化比較研究
  • 5歳未満の小児

を対象にヒブワクチンの投与回数と有効性を検討しています。

ワクチン投与群と非投与群で、侵襲性ヒブ感染症のリスクを比較しています。

 

▪️ 統計解析について

統計解析では固定効果モデル(Fixed-effect model)を使用してワクチンの効果を検討しています。

  • Risk Ratio (RR)を計算し、
  • ワクチン効果(VE)= (1 – RR)x 100%

と計算しています。

研究間のばらつきの評価はQ testが行われています。

 

研究結果と考察

9つの研究がメタ解析に組み込まれました。

f:id:Dr-KID:20180701085729p:plain

研究間でのばらつきは統計学的には認めませんでした。

▪️ ワクチンの有効性

ワクチンの有効性は

  • 3回投与:82% (RR 0.18; 95%CI 0.13-0.27)
  • 2回投与:79% (RR 0.21; 95%CI 0.10-0.47)
  • 1回投与:65% (RR 0.35; 95%CI 0.16-0.47)

となっています。

1歳未満は投与回数が多いほうがヒブによる重症感染症を予防できているといえます。

きちんとスケジュール通りワクチンをすることの重要性がわかります。

f:id:Dr-KID:20180701090807p:plain

 

▪️ 出版バイアスについて

f:id:Dr-KID:20180701091509p:plain

 Funnel Plotという手法で出版バイアス(Publication bias)を評価していますが、比較的左右対称になっており、バイアスは少ないと判断されています。

 

Meta-regression

今回の論文ではワクチンの接種回数が0回、1回、2回、3回と分かれているのですから、この関係性をみてもよいと思いました。

メタ解析でもこれは可能で「Meta-regression」といわれます。

▪️ データのインプット

論文上にきっちりとデータが記載されているため、これを利用してStataにインプットします。

f:id:Dr-KID:20180701094605p:plain

 

▪️ グラフでそれぞれの投与回数のRRを比較

f:id:Dr-KID:20180701100225p:plain

投与回数1回と2回のデータは少ないですが、ワクチンの有効性はRRで0.1〜0.7くらいとかなりばらつきが大きいです。 

一方で、3回投与している場合は、RR 0.2付近に集簇しています。

これをMeta-regressionしてみましょう。

▪️ Meta-regression

f:id:Dr-KID:20180701134529p:plain

 そもそも1歳未満で1回接種、2回接種した研究数は少ないため、統計学的な有意差は出ませんでしたが、接種回数を2回するとリスクは0.7倍、3回にすると0.4倍に低下します。

(解析コードは最後にあります)

Dose-response meta-analysisという手法もあります。またの機会にご紹介できればと思います。

まとめ

ヒブワクチンはインフルエンザ桿菌による重症感染症のリスクを80%ほど減少させます。

1歳未満で3回接種ですが、3回確実に接種したほうがよいでしょう。

 

▪️ あわせて読みたい 

 

▪️ 使用した解析コードはこちら