ドクター・キッド

〜小児科医が解説する子供の健康・病気・育児〜

【論文】乳児のビタミンDの適量はどのくらい?【小児の栄養】

【スポンサーリンク】


f:id:Dr-KID:20180629202923p:plain

先進国を含めて、乳幼児のビタミンD欠乏は世界的な問題の1つになっています。

多くの国は、乳幼児にビタミンDの適切な摂取を推奨していますが、「適量」については未知な部分が多いです。

今回はビタミンDの適量を検証した研究をご紹介します。

 

 ビタミンD欠乏について

活性型ビタミンD(25(OH)D)の血中濃度は20 ng/mlとされていますが、

  • 米国の30%程度
  • 欧州の40%程度

はこのレベルに達しておらず、乳幼児には潜在的ビタミンD欠乏にあるといわれています。

ビタミンD欠乏の問題として、

  • 骨がもろくなる(くる病)
  • 免疫力が低下して、感染症にかかりやすくなる

と一般的にいわれていますが、これらの報告は観察研究からのもので、質の高いランダム化比較研究は少ないです。

 今回の研究の目的

今回の研究では、2〜24ヶ月のビタミンD摂取量の適量を検討するため、

  • 400 IU
  • 1200 IU

の2通りの投与を行い、骨の強度と感染症の予防効果について検討しています。

研究の方法

今回の研究はフィンランドで行われました。

  • 2013-14年に出生した健常な新生児
  • ブドウ糖、抗生剤、光線療法、陽圧換気などは除外

を対象にしています。

 治療介入について

研究するに参加した施設毎にランダム化を行い(Blocked Randomization)、

  • 400 IUのビタミンD3
  • 1200 IU のビタミンD3

を生後2週〜24ヶ月まで等とされています。

ビタミンDは1日1回、経口で投与されており、確認のため

  • 投与日誌の記録
  • 生後すぐ、12ヶ月、24ヶ月で血液検査

を行なっています。

 アウトカムについて

生後24ヶ月での

  1. 骨の強度
  2. 感染症の発症率

を確認しています。

研究結果と考察

975人の新生児が研究に参加し、

投与されました。

治療のアドヒアランス(遵守率)はほぼ同じで88%でした。

 ビタミンD血中濃度について

f:id:Dr-KID:20180629211217p:plain

ビタミンDの補充量が通常量(400 IU)と高用量(1200 IU)で比較すると

  • 生後 0週:32.73 ng/ml vs. 32.57 ng/ml
  • 生後12ヶ月:33.13 ng/ml vs. 46.07 ng/ml
  • 生後24ヶ月:34.70 ng/ml vs. 47.16 ng/ml

と、高用量のグループのほうが高かったです。

ビタミンD脂溶性ビタミンといわれ、体内で蓄積するので、高用量群のほうが血中濃度が高いのは、ある意味当然の結果といえそうです。

 

 骨の強度について

ビタミンDは骨を強くする作用がありますが、通常量と高用量で効果の違いがないか検討したのがこちらです。

f:id:Dr-KID:20180630083339p:plain

 様々な場所、方法で骨の強度を調べましたが、通常量と高用量では統計学的な有意差はありませんでした。(95%信頼区間が 0 をまたいでいます)

 感染症について

ビタミンDは免疫能を強化し、感染症予防になる可能性が示唆されてきましたが、通常量と高用量で感染症予防の効果がないかみています。

f:id:Dr-KID:20180630084214p:plain

 Incidence Rate Ratio (IRR)という指標でみて、統計学的な有意差はありませんでした。(95%CIが 1 をまたいでいます)

つまり、ビタミンDは高用量でも通常量でも感染症の予防効果は変わりませんでした。

まとめ

今回の研究において、2歳未満の乳幼児では、通常量と比較して高用量(1200 IU)のビタミンDを与えるメリットは認めませんでした。

通常量(400 IU)でも十分なのかもしれません。

 

 あわせて読みたい

www.dr-kid.net