ドクター・キッド

〜小児科医が解説する子供の健康・病気と単なる雑記のブログ〜

A型肝炎について詳しく解説します

【スポンサーリンク】


f:id:Dr-KID:20180605141259p:plain

前回、こちらの記事で肝炎について、概要を説明しました:

 例えば、肝炎の原因となる肝炎ウイルスは、A型〜E型肝炎ウイルスの5種類があり、それぞれ流行地域や特徴が少し異なります。

日本ではあまり聞きなれないかもしれませんが、今回はA型肝炎について説明します。

アメリカなど一部の先進国では、A型肝炎ワクチンは既に定期接種に組み込まれています。

A型肝炎って流行しているのですか?

『B型やC型肝炎は聞いたことがあるけれど、A型肝炎は聞いたことがない』

という方が多いかもしれません。

まずは、世界的にどのくらい流行しているか見てみましょう。

f:id:Dr-KID:20180605141802p:plain

緑色が濃くなるほど感染者数の多い地域で、西アジア・中東・アフリカ・中南米で流行しています。

一方、日本やアメリカを含めて先進国では圧倒的に患者数が少ないです。

▪️ アメリカでの流行状況

f:id:Dr-KID:20180605142200p:plain

アメリカでの患者数は世界的にみて少ないのですが、0ではありません。

上の地図が示す通り、A型肝炎の感染者は、全米のあちこちで散在しています。

決して安心しきれる状況ではありません。

▪️ 感染しやすいの状況はありますか?

一般的にA型肝炎は汚染した食事や、便を介して感染します。

となると、小児が感染しやすい状況とは、

  • 途上国などで食べた食事
  • 学校や保育園・幼稚園で移された

などが想定されます。

しかし約半分(45%)は、A型肝炎にどこで感染したのか不明といわれており、上の例のように典型的でないことが多いです。

A型肝炎に感染するとどうなりますか?

f:id:Dr-KID:20180605142608p:plain

A型肝炎には潜伏期間といい、ウイルスに感染してから症状がでるまで28日ほど時間がかかります(15〜50日くらいの幅あり)。

初期症状で熱・嘔吐などが出て、その後に皮膚が黄色くなります(黄疸)。

初期症状と黄疸で1〜2ヶ月ほど症状が続くことがあります。

B型肝炎C型肝炎とは異なり、ウイルスが肝臓の細胞に残って、慢性的に感染することはありません。

▪️ 症状は感染したら必ず出ますか?

A型肝炎ウイルスに感染しても、症状は出ずに自然に治ってしまうこともあります。

特に5歳以下の小児は症状が出ないことがあります。
(70%は無症状と言われています)

6歳以上の小児では、70%以上で黄疸が出るようです。

なかには、劇症型の肝炎といい、重症の肝炎を起こして、死亡してしまう例もあり、決して安心はできません。

▪️ A型肝炎ウイルスは便から排泄します

A型肝炎ウイルスは便から排泄するのですが;

  • 肝炎の症状がでる1週間前
  • 肝炎の症状が終わってから2週間後

まで、ウイルスを便に排泄しているといわれています。

どのように診断・治療をしますか?

基本は血液検査で診断されることが多いでしょう。

A型肝炎に対する抗体(IgMとIgG)をみて判断します。

残念ながらA型肝炎に対する特効薬がないため、本人の症状を和らげてあげるような治療になります。

A型肝炎の予防接種について

日本では予防接種は行われていませんが、アメリカでは定期接種になっています。

▪️ A型肝炎のワクチンを導入後、米国ではA型肝炎が減少している

f:id:Dr-KID:20180605144743p:plain

1995年からワクチンが認可され、ワクチンを接種する人が増えました。

徐々にA肝炎ワクチンの接種率は上がり、感染者数も減少しています。

▪️ A型肝炎ワクチンを接種できる年齢と有効性について

小児であれば生後12ヶ月から接種可能です。

2回接種が推奨されていて、これは抗体(免疫)がつくのが;

  • 1回接種だと > 97%
  • 2回接種だと、ほぼ100%

であるためです。

アメリカでは生後12-23ヶ月で定期接種となっています。

▪️ どのような人がワクチン接種すべきか?

日本ではA型肝炎のワクチンは予防接種の定期接種などのスケジュールに組み込まれていません。

少なくとも接種したほうがよいのは;

  • 流行地域へ旅行する
  • 流行している地域から日本へ来る人と生活を共にする
  • 血液の凝固因子の異常がある(血友病など)
  • 慢性肝疾患がある

などがあげられます。

▪️ A型肝炎の予防法について

ワクチンが最大の予防法でしょう。

もし、流行地域に行く予定がある場合、しっかりと手洗いをしましょう。例えば

  • 食事前・調理前
  • トイレの後
  • こどものオムツを替えた後

などに徹底して手洗いをすると良いでしょう。

 

 

▪️ あわせて読みたい 

www.dr-kid.net