ドクター・キッド

〜小児科医が解説する子供の健康・病気・育児〜

熱性けいれんについて、外来でよくされる質問にお答えします

【スポンサーリンク】


はじめに

f:id:Dr-KID:20180226050539p:plain

日本人の小児の熱性けいれんの罹患率は8%程度といわれており、比較的よくみる疾患です。

とはいえ、けいれんは、意識を失い、眼球は上転し、手足が小刻みに揺れる発作が起きます。
「このまま死んでしまうのではないかと思った」
と心配になる方が多いです。

私たち小児科医も目の前でけいれんを起こされると、それなりに焦ります。
ですので、この保護者の心配は当たり前のことですので、ご自身を責めないようにしてください。

けいれんは止まったのですが、眠っています

けいれんが止まったか否かは、一般の方からすると判断が難しいと思います。
医師は、眼の動き、神経学的な所見、手足の筋緊張などを参考にけいれんが止まっているか、継続しているか判断しています。

けいれん後は眠ってしまうことが多いです。
医師が「けいれんは止まった」と判断されたのなら、ひとまず心配ないと思います。

大抵はひと眠りして、目が覚めれば、いつもの状態に戻ります。
熱性けいれん自体は緊急で検査や治療が必要な病気ではありませんので、ご安心ください。

なぜ熱性けいれんを起こすのでしょうか?

f:id:Dr-KID:20180226055542p:plain

特に5歳以下の乳幼児は、重い病気がなくても、発熱するとけいれんを起こしてしまいます。
熱性けいれんは、脳の「未熟性」により起こります。
発熱という刺激に脳が過剰に反応してしまい、けいれんが起こっているのです。

▪️ 熱性けいれんは自然に起こらなくなります

熱性けいれんは脳が成熟するにつれて、起こらなくなることがほとんどです。

大体ですが、小学校入学前に軽快することがほとんどです。

f:id:Dr-KID:20180226051532p:plain

熱性けいれんは繰り返しますか?

▪️ 熱性けいれんの再発率について

熱性けいれんの再発率は、およそ30〜50%くらいです。
逆にいうと、熱性けいれんが1回のみで、以降は再発しないお子さんは50〜70%くらいといえます。

▪️ どのような時に再発しますか?

風邪を引いたときに発熱すると、再発する可能性があります。

インフルエンザでも起こりますので、冬場は予防接種を受けておくことも重要でしょう。

▪️ 繰り返しても発達に影響ありませんか?

単純に熱性けいれんであれば、繰り返しても発達や成長に影響を与える可能性はかなり低いと思います。

▪️ 解熱剤を使用すると再発しやすいって本当ですか?

解熱剤を使用しても再発する可能性はあがりませんので、発熱で辛そうであれば使用されても構いません。

また、解熱剤で熱性けいれんは予防できませんので、「熱性けいれんを予防したいから」という理由で与えないようにしてください。
あくまで、「発熱で辛そうにしているから」解熱剤を使用するようにしてください。

 

再発予防の坐薬について

再発予防の坐薬(ダイアップジアゼパム)はこちらに詳しく書いてありますので、ご参照されてください。