ドクター・キッド

〜小児科医が解説する子供の健康・病気と単なる雑記〜

百日咳について解説します

【スポンサーリンク】


百日咳の原因について

f:id:Dr-KID:20170917191312p:plain

百日咳は、百日咳菌という細菌に感染して起こります。
百日咳菌には、B. pertussisとB. parapertussisの2種類います。

百日咳は世界的にずっと流行していて、全世界で年間20〜30万人が死亡しているといわれています。
日本を含む先進国での死亡例は少ないですが、ワクチンの効果が切れた青年・成人がかかってしまうことがあります。

さらに、この罹患した成人から、ワクチンを打っていない乳児への感染も問題視されています。

百日咳の症状について

百日咳には3つのフェーズがあり:

  1. カタル期(約2週間)
  2. 痙咳期(約2〜3週間)
  3. 回復期(2〜3ヶ月)

の3つの期間です。

① カタル期について

カタル期の症状は、咳・鼻水といったカゼの症状です。
この時期は非常に感染力が強いのですが、症状がカゼと変わらないので診断が困難です。

② 痙咳期について

痙咳期には短い咳が連続的に起こります。
これに続いて、息を吸う時にヒューっという音(笛音)が出ます。

さらにミルクなどを嘔吐してしまうことがあります。

この一連の発作を繰り返します。

激しい咳のため、顔が浮腫んだり、顔面に点状の出血が出たり、眼の結膜に出血することがあります。

■ 特に生後3ヶ月未満は要注意!

生後3ヶ月未満では、症状が非典型的のため、嘔吐や無呼吸発作が唯一の症状のことがあります。

重症化しやすいので、この時期は非常に注意が必要です。

■ 若い成人が、知らずに周囲に撒き散らすことも

青年が罹患した場合は、長引く咳が多いです。
乳児ほどひどくなることはないため、診断・治療をされず、周囲にまき散らしてしまうことがあります。

③ 回復期について

回復期にはいると、徐々に咳がおさまってきます。

しかし、この時期にカゼをひくと、また症状がぶりかえすことがあります。

百日咳の検査について

百日咳の検査には;

  1. 血液検査
  2. レントゲン
  3. 培養・PCR/LAMP

があります。

① 血液検査

血液検査では、白血球の増加が特徴的です。

通常の白血球は5000~10,000/mm3くらいですが、百日咳にかかると15,000〜100,000/mm3にまで増加することがあります。

また、白血球の種類としては、リンパ球の数が増えるのが特徴的です

また、血液検査では抗体値をみることもできます。

流行株である山口株の抗体が;

  • 2週間以上あけて2回測定し、4倍以上に増加
  • 単独で10倍以上の抗体値

があれば、百日咳の診断をします。

最近では、PTに対するIgGという抗体をみることもできます;

  • 2回採取して2倍以上の上昇
  • 単回で100 U/mL以上

を診断基準にしています。

② レントゲン

レントゲンではあまり特徴的な所見はありません。

肺炎や気管支炎のように見えることもあれば、無気肺といって肺の一部がしぼんでいることもあります。

③ 培養・PCR/LAMP

実際に細菌を喉から採取して、培地で育てたり、遺伝子検査をする方法です。
培地でそだれる培養検査は時間がかかってしまうため(数週間)あまり行われることはありません。

最近はPCRLAMP法で診断をつける機会が増えてきました。
この検査は比較的はやく(数日以内)、正確な検査ができるのが特徴です。

百日咳の治療について

百日咳は治療を行いますが、これには2つの意味合いがあり;

  1. 重篤な症状を減らす
  2. 他の人への感染を予防する

を目的に治療をしています。

■ 抗生物質について

具体的にはマクロライド系の抗生物質を使用します。
エリスロマイシン、クラリスロマイシン、アジスロマイシンといった抗生物質です。

生後1ヶ月未満の子にはエリスロマイシンは使えないため、アジスロマイシンを使います。

治療して5日くらいすると、感染性は弱まるといわれています。

■ ワクチンで感染予防をしておきましょう

百日咳の予防には、ワクチン接種が非常に重要です。
青年・成人の方も再度接種されることをオススメしています。