ドクター・キッド

〜小児科医が解説する子供の健康・病気と単なる雑記〜

小児科医が解説するクループ

【スポンサーリンク】


クループ症候群について

f:id:Dr-KID:20170804181258p:plain

クループ症候群は、別名「喉頭気管炎」といわれています。

このクループ症候群は、風邪がきっかけで、喉の奥にある空気の通り道が狭くなり、空気が十分吸い込めなくなった状態をいいます。

独特の咳(犬の吠える咳、オットセイの鳴き声のような咳)が出るのが特徴です。
診察室に入る前から、咳の音で『クループの子がいるな』と分かることがあります。

クループの症状がひどくなると、ゼーゼーしたり、胸をへこませるような呼吸(陥没呼吸)を起こし、呼吸状態が悪化することがあるので注意が必要です。

クループ症候群の原因

クループ症候群はウイルス感染で起こります。
パラインフルエンザウイルス、インフルエンザ、RSウイルス、アデノウイルスなどのウイルスが原因として多いです。

■ 乳幼児にクループが多い理由

f:id:Dr-KID:20170804182636p:plain

クループが起こりやすい年齢は生後6ヶ月〜4歳です。
これは、乳幼児の気管の構造が、大人とは異なるからです。

上のイラストを見てください。
左が成人の空気の通り道で、右側が小児の空気の通り道です。
子どもの空気の通り道はもともと細く、感染時にさらに狭くなるため、クループになりやすく、独特な咳が出るのです。

クループ症候群の症状について

『咳、鼻水など風邪症状が出てきたかな?』

と思ったら、特有の咳がでます。
犬の吠えるような咳、オットセイ様の咳が特徴です。

ひどくなると、息を吸うときにヒューヒューいうこともあります(吸気性喘鳴)。
これらの症状は、48-72時間程度持続し、自然と軽快することが多いです。

■ クループ症候群の重症度

普段は診察しながらクループ症候群の重症度を見極めています:

f:id:Dr-KID:20170804183110p:plain

重症度によって行う治療も変わってきます。中等症や重症であれば、入院を検討します。

クループ症候群の診断に検査は必要ですか?

通常は検査不要です。 病歴と身体診察で診断をくだします。
泣いたり不機嫌になると、クループの症状が悪化しやすいため、余分な検査は行わない施設がほとんどです。

f:id:Dr-KID:20170805092012p:plain

レントゲンでは声門下の狭窄を示す「鉛筆サイン」という所見を認めますが、かならずしも必要ではありません。

クループ症候群の治療について

軽症であれば、ステロイド内服(デキサメサゾン(デカドロン) 0.15-0.60 mg/kg)のみを行い、様子をみます。

数日程度で軽快することがほとんどです。
ステロイドは抗炎症作用があるため、空気の通り道の浮腫みや炎症を軽減させてくれます。

■ 吸入ステロイドについて

デキサメサゾンの吸入 (0.5 mL (2 mg)) を行なっている施設もあります。
吸入ステロイド(パルミコード 0.5mg-2mg)の吸入も、ステロイドの飲み薬と同じくらいの効果があるといわれています。

■ 中等症以上の場合

中等症以上の場合は、吸入薬(ボスミン)とステロイド内服を併用します。
治療への反応が悪い場合は、呼吸が苦しそうな時は、入院が必要になることもあります。
(ですが、入院が必要なレベルのクループはそれほど多くありません)

自宅でのケアのポイント

以下の3点がホームケアのポイントです:

  • 加湿をしてください
  • 安静を心がけましょう
  • 寝る姿勢に注意しましょう

■ 肩枕について

ゼーゼーがひどい時は、肩に枕をしてあごを少しあげるとよいでしょう。

f:id:Dr-KID:20170805092651p:plain

ちょっと大げさかもしれませんが、下の図のように肩に枕をして、顎をあげると喘鳴は軽快します。

f:id:Dr-KID:20170805093100p:plain

◎ 科学的な根拠はないのですが、クループの子に加湿をすると喘鳴が和らぐことがあり、昔から行われている対症療法です。エアコンなどで部屋が乾燥しているときは、加湿をしてみても良いでしょう。