ドクター・キッド

〜小児科医が解説する子供の健康・病気と単なる雑記〜

溶連菌に感染すると猩紅熱になることがあります

【スポンサーリンク】


猩紅熱(しょうこうねつ)について

猩紅熱は、A群β溶連菌が喉に感染してから、全身に痒みを伴う発疹 (ブツブツ)が出る病気です。
溶連菌感染から猩紅熱が出るまでの期間は、1日〜7日(平均3日)です。
特に、5〜15歳に好発します。
(溶連菌感染症の詳細はこちら↓↓)

 猩紅熱の原因

猩紅熱は、溶連菌から放出される毒素 (Toxin A, B, Cなど)のため起こります。
この毒素に対して、体がアレルギー反応(遅延型反応)を起こし、全身に症状が出るのです。

猩紅熱の症状

猩紅熱はかなり特徴的な症状をみせるので、見た目で分かります。

■ サンドペーパー様皮疹 (sandpaper rash)

26

サンドペーパーとは、日本語で紙ヤスリのことを言います。
上の図のように、1〜2mm程度の点状の紅斑が全身に出現します。
猩紅熱で出る発疹が、紙ヤスリのようにザラザラしているため、サンドペーパー様皮疹と言われているのです。

この発疹は、発熱してから12時間〜48時間後に出現します。
発疹は、首・わき・太ももの付け根など柔らかい部分に出現し、24時間以内に全身へまばらに広がります。

もも・わき・お尻などで、体重がかかる部位、皮膚が擦れる部位にこの発疹が目立ちます。

■ イチゴ舌

46

『イチゴ舌』は、その名の通り、舌がイチゴのように見えます。
溶連菌の発症初期は、舌は白苔で覆われますが、その後に白苔が剥けてイチゴ舌になるといわれています。

■ 皮膚の落屑

41

赤い発疹が出てから1週間後に皮が剥けることがあります。
特に発疹が強く出た部位が剥けやすく、手足の先から皮膚が剥ける傾向にあります。

■ Pastiaの線 (Pastia'a Line)

f:id:Dr-KID:20170707071842p:plain

肘や腋に出現する線状の発赤のことをいいます。

猩紅熱の治療と合併症

猩紅熱は溶連菌に感染したため起こる症状です。
そのため、溶連菌の除菌を行えばよいので、抗菌薬を投与します。
猩紅熱で、溶連菌が全身に周り『菌血症』となってしまった場合、髄膜炎・脳膿瘍・化膿性関節炎・骨髄炎などを併発することがあります。

合併症にならないよう、しっかり抗生物質を内服することが重要といえます。

◎ 溶連菌の治療の詳細はこちら↓↓