ドクター・キッド

〜小児科医が解説する子供の健康・病気と単なる雑記〜

赤ちゃんの歩行開始はいつですか?

【スポンサーリンク】


一人歩きは1歳6ヶ月が目安

 赤ちゃんの運動発達の評価は評価は『微細運動』と『粗大運動』に分けられます。
このうち、歩行は後者の粗大運動に分類されます。

First Steps

■ デンバー発達判定法

f:id:Dr-KID:20170727120056p:plain

こちらの表は、小児の発達の指標でして、「デンバー発達判定法」といわれるものです。
デンバー発達判定法から、1歳5ヶ月で、90%以上の子どもが上手に歩けるようになるため、歩行は1歳6ヶ月が目安です。

1歳半健診で一人歩きできない子は、粗大運動の発達が遅いと判断され、専門機関へ紹介されることが多いでしょう。

歩き始めが遅くても、最終的に発達に問題ない子もいます

1歳半健診で引っかかり、専門機関に受診となると、かなり落胆される保護者の方が多いでしょう。
ですが、子どもの発達には、かなり個人差があり、子供によってバラバラです。
たまたま歩き始めが遅くても、シャフラースロー・スターターの子供は将来的に問題ないことが多いです。

■ 正常な運動発達について

ほとんどの乳児は;

  1. おすわりが安定する
  2. ハイハイができるようになる
  3. つかまり立ちをする
  4. 伝い歩きをする
  5. 独立歩行をする

の順に発達していきます。
ですが、シャフラーの場合、このような順番で発達しないのです。

■ シャフラーについて

シャフラーは英語で『Shuffling baby』、日本語では『いざり児』といったりします。

シャフラーとは、非常に軽度の筋緊張低下を伴う子供のことをいいます。
歩行の遅れ以外にも、おすわりが遅いこともあります。

シャフラーの子は、まず最初にうつ伏せを嫌がります。
そして、ハイハイをせずに、座ったまま、お尻をずらして移動します。
さらに、足の裏を床につけるのを嫌がり、つかまり立ちが遅れ、結果的に歩行開始が遅れてしまうのです。

シャフラーの場合、2歳頃までに独立歩行ができるようになり、その後は運動発達において問題ないことが多いです。

f:id:Dr-KID:20170727120542p:plain

■ スロー・スターターについて

スロー・スターターは、英語で『slow starter』といいます。
このスロー・スターターでは、神経の成熟が遅れているため、歩行が遅れることを言います。
神経の成熟が遅れているため、粗大運動だけでなく、微細運動や言語など、全般的に発達の遅れがあります。

このため、ある期間は精神発達遅滞が疑われるます。
ですが、ある時を境にして、急激に発達が進んで、正常な発達の子と全く変わらなくなります。

シャフラーの子は、お母さんから話を聞いていると、何となく「シャフラーっぽいな」と思うのですが、スロー・スターターの子は1〜2年の経過をみないと見分けが難しいです。

1歳半までに歩行できたら安心か!?

1歳半までに歩行できていたら、大まかに言えば安心してもらって大丈夫ですが、注意は必要です。
というのも、非常に転びやすい・歩行の仕方がおかしい、などもあるからです。

■ 歩行の仕方がおかしい例

歩き方がおかしい例として;

  • ぺたぺた歩行
  • 内反歩行(うちわ歩行)
  • 外反歩行(そとわ歩行)
  • 尖足歩行

が代表的です。

多くのお子さんは、生理的な問題で生じており(つまり異常でない、ということです)、年齢とともに軽快します。
しかし、筋疾患、脳性麻痺などの中枢神経疾患、運動失調、骨・関節疾患がみつかることもあります。

運動発達に遅れのある子どもの対応法

明らかな発達の遅れは、わりと早い段階で医療関係者に問題視され、専門機関に紹介されるでしょう。

しかし、軽度の遅れは家庭生活ではあまり問題とならず、健診でスルーされてしまうこともあります。
この場合、幼稚園・保育園などで、社会生活・集団生活をするようになって、はじめて指摘されるます。

現代の医療では、発達の遅れを薬物治療して、正常化することはできません。
ですが、リハビリなどのを通して、発達の遅れを最小限に留め、家庭・社会生活・集団生活へ適応できるように支援することは可能です。
大切なことは、専門家から発達の遅れや程度をきちんと評価してもらい、適切な支援・療育・治療をすることといえます。

 

◎ 赤ちゃんが伝い歩き、歩行を始めると、机・テレビ台の角に頭などをぶつけてしまうことが多々あります。予め、怪我をしないように、危ない場所をガードしておくのがよいでしょう。