ドクター・キッド

〜小児科医が解説する子供の健康・病気と単なる雑記〜

赤ちゃんの皮膚を保湿すれば、乳児湿疹は予防できる

【スポンサーリンク】


保湿で乳児のアトピーは予防できるのか?

今回は『赤ちゃんの皮膚を保湿すれば、アトピーの発症を予防できるか?』という疑問に答えた研究を紹介します。
英語になってしまいますが、原著論文はこちらから参照できます(英語):

アトピー性皮膚炎の特徴

アトピー性皮膚炎ですが

◎ 20%程度のこどもでアトピーが発症している
アトピーの子供の半数は2歳までに湿疹ができる

という特徴があります。

アトピー性皮膚炎では、痒みがひどく、皮膚を搔き壊したりして、肌がガサガサに荒れます。
痒みのため、夜間に起きてしまったりして睡眠の質が下がったり、学校生活で授業に集中できなかったり、荒れた皮膚に感染症を発症したり、と生活の質を著しく落としてしまいます。

■ アトピー性皮膚炎発症のメカニズム

皮膚は アトピー性皮膚炎の発症メカニズムは、はっきりしていませんが:

◎ FLG (filaggrin)という遺伝子の障害
◎ 皮膚のバリア機能の障害
◎ 乾燥による皮膚の炎症

あたりが原因と考えられています。

f:id:Dr-KID:20170723171041p:plain

さらに、皮膚のバリアが障害されると、喘息や食物アレルギーなどのアレルギー疾患にもなりやすいです。
というのも、皮膚には免疫細胞が沢山いて、荒れた皮膚にアレルゲンといわれるアレルギー原因物質への過剰に反応してしまうためです。
例えば、荒れた皮膚に卵が触れると、卵に対して体が過剰に反応をして、食物アレルギーになるのでは?、と仮説が専門家のなかでささやかれています。

ここから予測できるのは、『皮膚の状態が悪いと、アトピー性皮膚炎になるだけでなく、他のアレルギー疾患に罹りやすくなる』という点で、現在のアレルギー業界はこれがアレルギー発症の仮説とされています。
この仮説を逆説的に捉えると、『皮膚の状態が良ければ、アトピー性皮膚炎の発症予防になるだけでなく、喘息や食物アレルギーなど、他のアレルギー疾患への予防にもなるのでは?』と推測できます。

■ 遺伝子は変えられないが、皮膚のケアから予防できる

アトピー性皮膚炎の原因として、FLG遺伝子、皮膚の乾燥、皮膚の防御機能の障害と説明してきました。
FLG遺伝子は出生前に決められたものなので変更はできません。

ですが、皮膚の乾燥やバリア機能の障害は防ぐ事ができます。
生後早期に保湿をしっかりして、バリア機能の崩壊と乾燥を防げば、アトピーの発症は予防できるかもしれません。

今回の臨床試験では、 「生後早期に保湿をして、アトピー性皮膚炎の予防ができるか?」 という点を解明しています。

今回の臨床研究について

今回の研究は東京都世田谷区にある国立成育医療センターで行われたものです。

■ ランダム化比較試験について

研究はランダム化比較試験という手法をとっています。
この『ランダム化比較試験』という手法は、臨床研究のゴールド・スタンダードといわれています。
なぜなら、治療(今回は保湿)を無作為(ランダム)に患者さんに割り付けることで、治療群と非治療群の特徴(性別、家庭環境など)が等しくなるからです。

■ 研究の詳細

この研究は

◎ 2010年11月〜2013年11月に施行
◎ 家族(親 or 同胞)にアトピー性皮膚炎の方がいる方のみ

を対象に行われた研究です。

f:id:Dr-KID:20170723171606p:plain

合計116人の新生児が参加し、

● 58人に保湿剤とワセリン
● 58人にはワセリンのみ

を使用しました。
使用された保湿剤は資生堂の「2e (ドウーエ)」のようです: 

 ワセリンも薬局で発売されています:

ワセリンHG

ワセリンHG

 

 生後32週まで使用して、「保湿剤とワセリン」の治療群と「ワセリンのみ」のコントロール群で、乳児湿疹/アトピー性皮膚炎の発症に差がないか追っています。

さらに、血液検査でアレルゲン特異的なIgEが上昇、皮膚のpH、皮膚に黄色ブドウ球菌の定着、食物アレルギー、喘息の有無をチェックしています。

こちらが研究結果 

■ 保湿剤は乳児湿疹を予防できる

06

こちらが結果です;

○ Interventionは『ワセリン+資生堂の「2e (ドウーエ)」 』
△ Controlは『ワセリンのみ』

のグループです。
Y軸は「アトピー性皮膚炎/乳児湿疹がない割合」をみています。

つまりY軸は上にいくほど、治療が上手く行って、アトピー性皮膚炎の予防に成功したといえます。

この図では、ワセリンと資生堂の「2e (ドウーエ)」を使用したほうが、明らかにアトピー性皮膚炎の予防が上手くいっています。
“log-rank検定”という統計手法でみると、「ワセリン+資生堂の「2e (ドウーエ)」を使ったinetrvention群のほうが、明らかに結果がよかったです。

■ アレルギー検査の結果は変わらない

46

こちらは卵とオボムコイド(卵白の成分)のアレルギーを血液検査でみたものです。
こちらの結果は、残念ながら「2e (ドウーエ)」を足しても効果は認めませんでした。

研究の結論と問題点

ここで研究結果の結論と、小児科医・疫学者として見た問題点を解説していきます。

■ 結論〜この研究からいえること〜

ワセリンと「2e (ドウーエ)」を使って保湿をした場合;

◎ 乳児湿疹のリスクは減らせる
◎ 血液検査で、食物に体するアレルギー反応は変わらない

となります。
新生児〜乳児期は非常に皮膚トラブルの多い時期で、乾燥肌になりやすいので、保湿をして皮膚のバリアを構築するのは、明らかにメリットがあるでしょう。

■ 問題点1:アトピー性皮膚炎の診断

問題点として、この論文中にも述べられていましたが、アトピー性皮膚炎の診断です。
この論文では「乳児湿疹=アトピー性皮膚炎」と決めつけていますが、本当にこの分類でよいのか疑問に思いました。
一般臨床で、1歳未満の乳児に「アトピー性皮膚炎ですね」と断言できるケースは多くないでしょう。
多くのお子さんはアトピー性皮膚炎ではなく、単なる乳児湿疹だったのでは?と歌が痛くなります。(詳しくはこちらの記事を見てください↓↓)

 ■ 理論上、ワセリンでも同じ効果があるはず

この研究では、コントロール群のワセリンの使用量が不明でした。
「最小限のワセリン使用した」と本文に書いてありましたが、「最低限」とはどの程度だったのか気になります。
というのも、ワセリンでも十分に保湿できますし、皮膚の保護作用もあるのです。
ワセリンでもしっかり塗っていれば、湿疹予防をできるのでは?と思いました。

■ 『2e(ドウーエ)』以外でも有効!?

「2e (ドウーエ)」以外の保湿剤を使用した場合の結果も気になります。
我々、小児科医はヒルドイドやビーソフテンという保湿剤を出しますし、保護者の方は市販のベビーローションを使っていると思います。
「2e (ドウーエ)」での結果を、他の保湿剤にまで拡大解釈してよいのか、少し疑問です。

■ アトピー性皮膚炎の家族歴のない人は?

あと、この研究に参加しているのは、「家族歴にアトピー性皮膚炎のある新生児」のみです。
逆にいうと「家族歴にアトピー性皮膚炎のない新生児」に保湿が有効であるかどうかは分りません。
この辺りは、もう少し大規模な研究が必要となるでしょう。

とはいえ、赤ちゃんに保湿するメリットはある

あくまで小規模の臨床研究ですので、色々とケチはつけられますが、全体として「赤ちゃんの皮膚を保湿すること」は、乳児湿疹の予防にはなり、メリットが大きいと考えています。
実臨床での印象と非常にマッチする研究結果ですし、

『皮膚の保湿はしっかりしましょう』

と保護者の方にはオススメしたいと思います。 

◎ 一般の方向けのアトピー性皮膚炎の本はこちらがオススメの1冊です。小児アレルギー科専門医が書いた教本です。イラストも多く使っていて、シンプルな文章で書かれているため、とても読みやすいです。

正しく知ろう 子どものアトピー性皮膚炎

正しく知ろう 子どものアトピー性皮膚炎