ドクター・キッド

〜小児科医が解説する子供の健康・病気・育児〜

消化器

小児のA型肝炎について詳しく解説します【海外へいく子供は接種を推奨】

前回、こちらの記事で肝炎について、概要を説明しました: 例えば、肝炎の原因となる肝炎ウイルスは、A型〜E型肝炎ウイルスの5種類があり、それぞれ流行地域や特徴が少し異なります。 日本ではあまり聞きなれないかもしれませんが、今回はA型肝炎について説…

肝炎について教えてください【小児の肝炎:総論】

肝炎って何ですか? ▪️ 肝炎の原因を教えてください 1. ウイルスへの感染 2. ウイルス以外への感染 3. 感染症以外が原因の肝炎 肝炎ウイルスについて ▪️ 感染者数(アメリカのデータになりますが...) ウイルス性肝炎にかかると、どのような症状がでますか?…

牛乳をやめると小児の便秘は改善するのか?

慢性的な便秘は小児の3%〜16%が経験するといわれています。 こどもが便秘に悩まされ、外来に受診するケースは非常に多いです。 およそ3分の1の小児便秘は、成人になってからも便秘が続くと報告されています。 ▪️ 食事と便秘について 食生活と便秘は関…

肥厚性幽門狭窄症について教えてください

肥厚性幽門狭窄症ってなんですか? 肥厚性幽門狭窄症は、その名の通り胃の出口である幽門(ゆうもん)部が肥厚して、狭くなってしまった状態をいいます。 少しイメージしづらいと思いますので、イラストを使ってみていきましょう。 ▪️ 胃はどこになりますか…

小児の下痢について解説します

下痢の定義について 年齢によって排便の回数が異なるため、普段より排便の回数が多い場合に下痢を疑うことがあります。 また、新生児や乳児は便がそもそも水様性であったり、泥状なので、形だけで区別するのが難しいことがあります。 ▪️ 排便回数から下痢を…

小児の血便について解説します

『こどものうんちに赤いものが混じっていました』 と驚かれて受診されることがあります。 小児でも血便が出ることはありますが、原因はさまざまです。 少量の血便であれば重症でないことが多いですが、原因を検索する必要があります。 血便が出ていたら受診…

乳幼児の嘔吐について②:嘔吐の対処法・治療法について

前回は乳幼児の嘔吐の原因と受診の目安について解説してきました。 今回は、実際に嘔吐してしまったらどうすればいいのかを説明していこうと思います。 嘔吐した後、食事・水分はどうしたら良いですか? まず、脱水があるか否かで対処法が異なります。 嘔吐…

乳幼児の嘔吐について①:嘔吐の原因と受診する基準

乳幼児の嘔吐について ▪️ 乳幼児の嘔吐の原因について 『急に吐いてしまって、驚いで外来に受診しました』 と相談にくるケースが多いです。 乳幼児が嘔吐する原因は様々ですが、 ウイルス感染症 食中毒 飲んでいる内服薬の副作用 車酔い などが代表的でしょ…

小児の便秘について④:病院で行う小児便秘の治療法

前回は家庭でできる小児の便秘対策について説明してきました。 とはいえ、ご家庭で色々と工夫をしてみても、なかなか便秘が改善しないことは多々あります。 今回は、実際に病院やクリニックで行われるであろう治療について説明していきます。 ▪️ 病院に受診…

小児の便秘について③:自宅でできる小児の便秘対策

前回まで、『どこから便秘というか』と『便秘になりやすい時期』などについて解説してきました。 小児の便秘は食生活などを工夫したり改善するだけで軽快してくれることがあります。 今回は小児が便秘になってしまった場合に、自宅でできる対策法をいくつか…

小児の便秘について②:便秘の原因、便秘になりやすい環境について

前回は『どこから便秘というのか?』というテーマについて解説してきました。 便秘の境界線はあいまいですが、大まかに 普段より排便の回数が減った 排便に伴う苦痛・痛みがある がよい指標になると説明しました。 今回は、こどもの便秘の原因と便秘になりや…

小児の便秘について①:どこから便秘というのか?

便秘は小児科外来の相談で最も多い悩みの一つです。 こどもが便秘になる理由は様々ですが、大まかに 腸の動きが低下している 便が硬くて出せない 便が大きくて痛みを伴う が原因のことがほとんどです。 「こどもが便秘になるなんて、なにか体の調子が悪いの…

足の付け根が膨らんでいます 〜鼠径(そけい)ヘルニアについて〜

『足の付け根が膨らんでいます』 『柔らかいですが、陰嚢が腫れている気がします』 と受診されると、鼠径(そけい)ヘルニアではないかと疑います。 急にお子さんの鼠径部(また)が腫れるとびっくりされ、受診される方もいます。 鼠径ヘルニアの症状につい…

小児の潰瘍性大腸炎について簡単に解説します

潰瘍性大腸炎(かいようせいだいちょうえん)とは、何らかの原因で大腸に炎症が起きて、潰瘍ができてしまった状態をいいます。 大腸の位置は下のイラストの通りです。 潰瘍性大腸炎の症状について 潰瘍性大腸炎の症状は重症度により様々ですが、典型的なもの…

急性虫垂炎(盲腸)について解説します

急性虫垂炎について 小児科医が腹痛で受診された子供で恐れている疾患の一つが急性虫垂炎です。 一般の方は「もうちょう(盲腸)」といっていますが、虫垂に炎症が起きているため、医学的には「虫垂炎」という名称が正しいです。 ▪️ 急性虫垂炎を起こしやす…

赤ちゃんの便に少し血が混ざっていました〜大腸リンパ濾胞増殖症について〜

『赤ちゃんの便に、血が少量だけ混ざっていました』 と来院されることが時々あります。 非常に少量の血便以外に問題はなく、機嫌は良好、哺乳も普段通りのことが多いです。 大腸リンパ濾胞増殖症ってなんですか? 大腸リンパ濾胞増殖症の原因は不明ですが、…

小児科医の視点から考えた、ペットと子供の生活について

ペットは私たちの生活のパートナー ペットは人間社会と、非常に深く関連しています。 ペットは「家族」「生活のパートナー」「生きがい」など、人間生活のなかで様々な役割を担っています。 核家族・少子高齢化が背景にあり、ペットの飼育数が増加傾向にあり…

便秘の薬ってクセになりませんか?

以前、便秘について、こちらに詳しく記載しましたが、外来で便秘の治療を開始する時に一番多い質問が 『便秘の薬ってクセになりませんか?』 です。 今回は、この質問に答えてみようと思います。 便秘は珍しい病気ではありません こどもが便秘と聞くと、少々…

乳幼児は何でも口に入れます:誤飲に注意しましょう。

消化管異物について 消化管異物とは、腸に異物(つまり、おもちゃなど食物でないもの)が間違って入ってしまった状態(誤飲)をいいます。 ■ 誤飲しやすいもの 消化管異物で多いのは; コイン ボタン型電池 クリップなどの金属類 プラスチック製品(おもちゃ…

こどもの胃腸炎について解説します

ウイルス性胃腸炎のポイント 急性胃腸炎は、どのウイルスにかかっても治療法は変わりません 胃腸炎には特効薬はないです 脱水にならないように、適切な水分・塩分・糖分を補給しましょう 急性性胃腸炎の原因 急性胃腸炎は、ウイルス感染が原因のことがほとん…

こどもが嘔吐や下痢をした時の、水分と食事摂取について

こどもが急に吐いてしまいました 下痢が続いています 脱水は大丈夫でしょうか? など、急な嘔吐・下痢の対処法や水分摂取に困ってしまう方も多いのでしょう。 嘔吐や下痢は、原因となる病原体(主にウイルス)を体の外に出そうとする防御反応のひとつですし…

小児科医が解説するこどもの便秘

こどもの便秘のポイント こどもの便秘の治療のポイントは、こちらです; 便秘とは「便が溜まり排出できない状態」です 便秘は生活習慣と密接につながっています 治療は、浣腸、坐薬、飲み薬、生活習慣の指導です 1日1回以上の排便が理想的です 便秘症って…

赤ちゃんがよくミルクを吐きますが、大丈夫ですか?

母乳やミルクをよく吐きます... 『赤ちゃんが、よく母乳やミルクを吐きます。先生、大丈夫でしょうか?』 1ヶ月健診や3ヶ月健診で、お母さんからこの質問を非常によくされます。 退院前にも保護者には『赤ちゃんはミルクを吐きますよ』と説明されているこ…

こどものピロリ菌について解説します

ピロリ菌について 『ピロリ菌』の正式名称は『ヘリコバクター・ピロリ』です。 ピロリ菌に感染すると、胃炎、胃潰瘍・十二指腸潰瘍、胃癌の原因になることが、これまでの研究から分かっています。 ピロリ菌に感染の感染率について 過去の研究からですと、日…

ロタウイルス胃腸炎とロタウイルスワクチンの全て

ロタウイルス胃腸炎は乳幼児に多い胃腸炎で、下痢・嘔吐・発熱などの症状が中心です。症状がひどい場合、脱水になって入院が必要になってしまうケースもあります。今回は、ロタウイルス胃腸炎とワクチンについて詳しく説明していきます。 まずはロタウイルス…

こどもの食中毒と予防法を解説します 〜カンピロバクターとサルモネラ〜

カンピロバクター感染による食中毒 このいびつな形をした病原体がカンピロバクターの正体です。 ■ カンピロバクターによる胃腸炎は増加傾向 日本を含む先進国では、カンピロバクターによる胃腸炎が増加しています。 カンピロバクターは食中毒の原因菌の1つ…